2010年02月27日

足のむくみはとれたが、かみそりで唇を切った

年来の頭脳の衰えだけでなく、眼がかすんだり、耳鳴りがしたり、顔面がこわばったり、足がむくんだり、かみそりで唇を切ったり、最近はいろいろとある。

だが欲は衰えない。

300グラムの牛肉をぺろりと食べたり、朝から晩まで読書をしたり、パソコンに向かったり、食欲や知識欲も旺盛だ。

さらには、これまで金銭欲には比較的恬淡だったが(あまり信じてもらえないが)、必要があって金銭欲の向上に励んだりしている。

で、ある法則を発見した。

一つの欲が向上すると、他の欲にも波及してあらゆる欲が強くなるようだ。

当然、○欲も例外ではない。

馬鹿なことを・・・。

posted by 映画プロデューサー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

読むだけで恥ずかしい『ニコニコ大会議』

おぞましい写真。

100226.jpg

読むだけで恥ずかしい思いをすることは少なくないが、この記事はとても恥ずかしい気がした。

スーツの招待客には理解できない「ニコニコ大会議」のリアル

この記事を読んで、ある種の恥ずかしさを覚えた。

ipadを紹介するアップル社のスティーブ・ジョブ氏とアメリカ議会の公聴会におけるトヨタ社長のことが比較的に思い浮かんだ。

独創性を持った人と物まねで財を成した人の違いであり、それが『ニコニコ大会議』に現れていたのではないかと推察している。

僕の勘違いでなければいいのだが。

僕の勘違いでなかったらおぞましい限りである。

posted by 映画プロデューサー at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

啄木の『渋民日記』を読む

今日はバンクーバー冬季オリンピックの女子フィギュアフリーがあり、だからというわけではないが部屋から一歩も外に出ることなく、一日中石川啄木の『渋民日記』を読んでいた。

啄木の文学的・思想的業績は衆知のことだが、”日本一の代用教員”だった教育的業績(教え子を感化したこと)について調べている。

読みながら日付ごとにノートに書き取るという作業だった。

天才であることと生存期間を除き、わがままなところ、プライドが高いところ、金銭のこと、日記を書くこと、帰ってはいけないふるさとに戻ったこと、再度出奔しなくてはならなかったことなど、自分にいくつかの共通点があることが改めてわかった。

晩飯は、カミさんと娘の意向で久しぶりにホルモン鍋を食べた。

多少薄味だったが、食べさせてもらっている自分にとやかく言う権限はなく、タカノツメとニンニクを密かに仕込んでいあたので美味しくいただいた。

ちなみに女子フィギュアはキム・ヨナが150点という前代未聞の高得点で金メダルをとり、浅田真央は途中ミスもあり銀メダルに終わった。

安藤美姫が5位、鈴木明子が8位だった。

明日と明後日は土・日で、ケータイ電話も止まっていることだし、今月いっぱいは啄木に集中するつもりである。

3月になったら盛岡に行きたいのだが、さて、どうなることやら。





posted by 映画プロデューサー at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

東京に春一番が吹いた

暖かく風が強い日だった。

”春一番”じゃないかなと思っていたら、やっぱりそうだった。

先日、新宿西口にある「V」という喫茶店にI君と行ったとき、偶然、先輩のOさんと約2年ぶりに出会い、小一時間ほど話すことが出来た。

Oさんが元気なこともわかったが、田舎のT君とFさんも元気であることがわかり、とても収穫の多い出会いだった。

Oさんの出身は秋田県で、ふるさとへの通り道にあたる岩手県出身の詩人のことも詳しく、盛岡、渋民、好摩のことなどについても話すことができた。

帰り際に、「久しぶりに松本節が聞けてよかったよ」といわれた。



posted by 映画プロデューサー at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

Seesaaブログのメンテナンス

一昨日の夜中あたりからブログのメンテナンスがはじまり、さっきまで(今も多少影響が残っているようだ)まったくアクセスできなかった。

とりあえずテストでこの記事を書いている。

正直言って時間のかかりすぎだ。

一昨日珍しい人に偶然会い、気になっている人二人が元気だということを聞き、すぐにでもそれを書きたかったのだが、なんだかタイミングを失したような気になっている。
posted by 映画プロデューサー at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

公共のぞんざいな応対

20100220094209.jpg

区民センターの一階にあるホール。

広々として、陽当たりがよく、畳がひかれたスペースもある。

音響、照明設備が整ったステージもあり、午後はカラオケなどをやる人で賑やかだが、午前中は静からしい。

高齢者(60歳以上の区内在住者)が利用できるとのことで、多少抵抗があったが、免許証を見せて登録する。

「畳の上で、ちょっと横になってもいい?」と案内の女性に聞くと、即座に「ダメです」との返答。

案の定というか、お役所的というか、おざなりな物言いに少しカチンときて、ここには書けないような嫌みを言ってしまった。

昨日は図書館で館員を問い詰めてしまったが、年甲斐がないことと反省をしながらも、公共のぞんざいな応対にはつい反応してしまう。
posted by 映画プロデューサー at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

追い込まれると理解できる

男は闘ういきものだと思っている。

追い込んだり、追い込まれたりは、ある程度生きて来たら誰もが経験する。

どちらの経験も重要である。

若いときは追い込むことが得意だったが、最近は追い込まれることばかりが多く、叩かれて叩かれて、いつの間にか打たれ強くなっているような気がする。

今夜遅くそんな経験があって、この記事を書いている。

頭で考えて物事を解決するブレークスルーではなく、マッドスルーの世界に入っているから、追い込まれても笑って対処できるのかもしれない。

逃げたら敗けだと思っているから(逃げるのが嫌いなだけかもしれない)、どんなに厄介なことであっても追い込みに立ち向かうが、こちらが死を賭すほどには相手の性根ができていない。

理があるのに、理以上のことを求めているから、眼がさ迷うのかもしれない。

女々しくさえ見える。

曖昧な言い方だが、こんな事例が世間に溢れているような気がしている。
posted by 映画プロデューサー at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

東京は雪

20100218065010.jpg

東京は朝から雪が降っている。

雪が積もると汚い部分が隠れ、街が綺麗に見えてくる。

こんな景色でも雰囲気がある。

もともと美しい場所に積雪があると、より美しくなる。

過剰な美しさが抑制され、かえって美しさが際立つようだ。
posted by 映画プロデューサー at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝がけに

最近、特にホームページの日記の更新を止めてから、これは自分らしい文章だなと思う記事を書いていない。

さあ寝ようと入ったトイレでふと思った。

まったく独自性がない。

よく考えよう。
posted by 映画プロデューサー at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

明治座の楽屋まで行った

今日も寒く、午前中は区民センターで企画書の下書き、午後はIさんを訪ねて、浜町にある明治座まで行った。

商業演劇の舞台楽屋は久しぶりで、時代劇の扮装をした役者やスタッフたちが行き交う所で2時間ばかり打ち合わせをした。

化粧やカツラのあぶらのにおいが充満していて、芸術座の楽屋によく行っていたマネージャー時代の頃を思い出した。

平日の昼間(夜の部といっても16時開演)だというのに、お客さんでいっぱいだったみたいだ。

お客さんを観察していると、顔付きも穏やかで、お金に困ってそうな人はいないと思われた。

演目は『天しょう(ケータイでは漢字がでない)院篤子』だった。

もちろん、主役の内田理名さんにも頭を下げただけだが、ちゃんと挨拶をした。

昔の芸能界が今も生きているのが新鮮だった。
posted by 映画プロデューサー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

6年前に、アメ横で仕入れたブルゾンの革ジャン

6年間ほど前に、アメ横で仕入れたブルゾンの革ジャンは僕には少し窮屈な感じがしたが、1万円ぽっきりと安かったし、色もまあ気に入ったし、カミさんでも着たらいいと思って買ったものだった。

そんな革ジャンだったが、この6年間というもの冬の間中(11月から3月ぐらいか)、部屋着としてはもちろん、近所を出歩くときなど、ずっと着たきりすずめのように着続けている。

適度な重さで丈夫な革ジャンは、寒くて北風が吹きつけるときでもジッパーを一番上まで上げると襟が立ち、外気を完全に遮断してくれるのでマフラーを必要としないつくりになっていて、もう2年ほど前に元を取ったという感想を持ったことがある。

一方、同じ日に仕入れた仕事用の革ジャケットはたまに着るぐらいで、とても元を取るまでにはいたっていない。

早く元を取らなきゃと思って仕事をしよう。

posted by 映画プロデューサー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高井戸から上北沢、桜上水、下高井戸

チャリで上北沢にある質屋に行ったら臨時休業だった。

寒くて手がかじかんでいたが、桜上水から下高井戸までチャリのペダルをこいだ。

桜上水駅付近には質屋がなく(高井戸駅周辺にもない)、結局下高井戸まで行った。

下高井戸の質屋はケータイで場所を見つけたので、街行く人やおまわりさんに聞く必要はなかった。

で、以前に比べて質屋の数が激減しているのではないかと思ってネットで調べたら、案の定だった。

全国質屋組合連合会(東京・神田)によると、質屋の数はピークだった1958年には全国で2万2000店を超えたが、今年8月時点では約2500店と10分の1まで減少したとのこと。

そういえば最近、消費者金融の看板を街で見かけることが少なくなったような気がするが、思い違いだろうか。

かつてはいやになるくらいけばけばしい看板であふれていた。

その点、質屋の看板は昔ながらに質素な雰囲気で、つい見逃してしまいそうである。


posted by 映画プロデューサー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

今現在日本で一番アブナイ界隈は?

久しぶりに日記を読み返した。

このブログに、僕のホームページのこのページからアクセスがあったからだ。

http://movie.geocities.jp/yjqkr783/sukabura/diary28.htm

で、自分の日記を読み返していて、この記事を見つけた。

昨日同様、検索エンジンを使って調べ物をしていたら、偶然見つけたサイトがあったので掲載しておきます。

今現在日本で一番アブナイ界隈は?

ついでだから、自分の日記も。

 2ちゃんねるの「今現在日本で一番アブナイ界隈は? 」で、東京、大阪のアブナイ界隈と張り合うように、筑豊、飯塚、田川、川崎などの名前が登場している。
 今でもアブナイ場所として全国区であることを知って、ちょっと驚くとともに、嬉しいような気分であった。



かつて、『筑豊原色図鑑』という本を作ったとき、いずれ日本は筑豊化すると行く先々で言っていたが、自分で驚くほどこの予言は当たっていた。

限られた地域の筑豊と違って多少広域の日本だから、今なおよく見えないだけのことである。

そして2チャンネルに感心した。

10年も前の記事が今もなお残っている。

意図的に、成算があって残しているのだろうが。



posted by 映画プロデューサー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畏れ多くもカミさんに口答えをした

我が家のことを、寒風吹きすさぶ荒海を走る一艘のぽんぽん船にたとえて、畏れ多くもカミさんに口答えをしてしまった。

ぽんぽん船はカミさんと娘の所有であり、僕は甲板の後ろの端っこあたりで振り落とされないようにがんばっている存在で、今にも所有者からいびり落とされようとしているのだと表現した。

そんな状況で口答えをするのは自殺行為みたいなものだが、成り行きでそうなってしまった。

もしかしたら、自分の船を見つけたからかもしれない。

浮輪か、救命ボートか、単なる錯覚かもしれないが、その状況から脱出する糸口を見つけたのは間違いない。

今日のお昼、カミさんがもらったお袋の形見分け(まだ存命であるが)の”淡水ペンダント”を見ながら、”大逆事件”のドキュメンタリーをつくろうと思った。

これを質入するには淡水パールをプラチナの台からはずす必要があり(
壊さないといけない)、とてもしのびがたく、目先の一人で出来る仕事として、こともあろうに”大逆事件”を手がけようと思ったのだ。

目先の仕事といっても、命を張るつもりでやらないといけないから、多少気持ちが高ぶってカミさんに口答えしたのだろう。

”大逆事件”を知らないといわれたこともあり。

カミさんは、知らなくていいのだろうか?

そういえば、少し前に若い○○君に”大逆事件”のことを話したら、「ああ、聞いたことがあります」と言ったことを思い出した。

娘には聞けない。

怖くて。



posted by 映画プロデューサー at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

天国のような談話室

20100213152110.jpg

昼に親子丼をつくり、食べてから高井戸の区民センターに行った。

冷えきった部屋と違って、よく暖房がきいた談話室はまるで天国だった。

まず、備え付けの新聞掛けから東京新聞(ここは東京新聞しかない)をとり、ちょっとくたびれた(失礼)立派なソファに座り、身体が暖まるのを感じながら紙面に眼を通した。

これといったニュースはなかった。

朝起きて、ネットで主なニュースはチェック済みだから、ずいぶん以前の新聞を見ているような気になった。

身体が暖まるとタバコを吸いたくなるが、喫煙所が外にあるのでしばらく我慢することにして、ケータイでこの記事を書いている。

談話室はほとんどが常連の高齢者で占められていて、大半が囲碁か将棋を楽しんでいる。
ほんの数人がテレビを観たり、本を読んだり、居眠りをしたりしている。

人生経験豊かな年寄りだから人間が出来ているとは限らない。

大きなだみ声を発してやたら親分風をふかす者がいて、「ウルサイなぁ、バカが」と思っていると、こともあろうにこの僕にガンを飛ばしてきたことがあった。

僕より十歳は上だと思うが、ろくでもない年寄りだ。

そのときは、「なんか、用ですか?」と正面から見返すと、急にバツが悪いような顔になら首をふって向こうに行ってしまったが、今日も時折だみ声をあげている。

顔見知りの常連に声をかけて、親分風をふかすのが彼の生き甲斐なのかもしれない。

今日は風邪でも引いたのか、マスクを顎の下につけているようだが、痛ましいことだ。

さあ、タバコでも吸いに行こう。
posted by 映画プロデューサー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外は小雪が舞っている

バンクーバー冬季オリンピックが始まったようだ。

今日は土曜日。

外は小雪が舞い、高井戸の街は静かな様子で、部屋はひんやりしているが、じっくり考えることが出来そうだ。

このところずっと”一点突破”することばかり考えてきたが、もうすでに、五反田時代に『B』という企画をG社に通したときに、それはやっているのではないかと思い至った。

その後の狛江時代、『M』という企画をK社、A社、S社などとすすめているときには、もう気分は”全面展開”だったことを思い出す。

停滞している根本的問題は、全面展開して何を実現し、社会に何をもたらすことが出来るかという考えが足りないことかもしれない。

今日は、そのことを考えてみよう。



posted by 映画プロデューサー at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

早く仕事にしなくちゃとは思うものの

小雪が舞って寒い。

朝、Iさんから連絡があり、M座まで出て来ませんかと誘いを受けたが、来週にしてもらった。

丁度、Iさんとも関わりのある企画について考えを巡らしているところでもあり、会うのは来週の方がよかった。

で、区民センターか図書館に行くつもりだったが、寒くもあり、ネットで調べたいこともあり、部屋で作業をする。

寒い中、仕事に出掛けた二人に悪いなぁと思いながら。

早く仕事にしなくちゃとは思うものの、散発的に浮かぶアイディアを実行に移すためのパワーがない。

内実を充実させることでパワーを獲得しようと考えているのだが…。

Iさんが言うように、「人に会った方がいいですよ。何がどう発展していくかわかりませんからね」とは思うのだが、もう少し内実にこだわって足掻いてみよう。
posted by 映画プロデューサー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

空中戦から地上戦、そして立技、寝技へ

かつて若い頃、映画の企画を進めていくときに、自分が置かれている状況を、タイトルに書いた言葉でいつも確認していた。

誰から教わったわけでもなく、ごく若い頃から自分の言葉としてつかっていたが、一方で言うとその範疇でしか動いてなかった。

きわめて単純。

自分としては、空中戦から地上戦に移り、立技できれいに一本を取るのが理想だったが、たいていは立技から寝技に移行した。

寝技はきついが、足を絡めたり、腕を取ったり、関節を決めたり、作法に従って攻めることが出来ると独特の快感があるから、これはこれで楽しい。

今は、取っ掛かりの空中戦に持ち込むことも難しい。

ずっと考えてばかりで、一人相撲を取っているから。

アイドリングをしながらチャンスを狙っているわけでもない。

もちろん、燃料がもったいないから。

いや、燃料が入ってない。

愚かにも、一人できつい寝技をやっているようなものだ。




posted by 映画プロデューサー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検察と民主党の権力闘争

図書館で読んだ中央公論3月号の『石川議員が僕に語ったこと』(佐藤優)が面白かった。

佐藤氏は、今回の特捜検察による小沢一郎民主党幹事長絡みの事件が、いわゆる国策捜査ではなく、検察と民主党の権力闘争だとしている。

「検察は小沢氏に対する恐怖心ももっている。七月の参議院選挙で民主党が勝利すれば、鳩山政権の権力基盤は磐石になる。そうすると小沢氏が報復にでてくる。検察から捜査機能が奪われ、特捜部が解体されるかもしれない。また、検事総長が政治任命されるようになれば、検察庁の人事にも政治家が介入してくる。そうなると権力者の悪事に検察が歯止めをかけることができなくなる。そして日本国家が内側から崩壊していく。
検察官は、いまここで小沢幹事長を叩き潰しておくことが公益であり、国益であると固く信じている。そして、検察を取材する社会部記者たちも、検察官と同じ共同主観性をもっている。検察官の正義感をカリカチュア化するのは間違いだ」

僕もそうだと思う。

佐藤氏は「プライドの高い検察官にとって、民主党がクソなら自民党は鼻クソという程度の認識しかない」とも言うが、よく理解できる。
posted by 映画プロデューサー at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高井戸図書館前のトチノキにキクラゲ?

20100211152723.jpg

今にも雪に変わりそうな冷たい霧雨が降っている。

昼から高井戸図書館で雑誌を読みに出かけ、ほぼ一時間ごとに表に出てタバコを吸う。

道を挟んだ正面のトチノキを見ながら煙をくゆらせていると、人の背丈の倍ほどのところにキクラゲのようなものが群生しているのが目に入った。

トチノキに近寄って見上げたが、キクラゲかどうか判然としない。
もう少し雨が強く降れば、水分の含み具合でキクラゲかどうか分かるのだが。

帰りがけにもう一度見てみるつもりだが、今度は日がくれて判別できないかもしれない。
posted by 映画プロデューサー at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。