2010年07月30日

「やるべきこと」とは「やりたいことをやる」ということだった

この数ヶ月間間考えに考えてきた。

「やるべきこととは何か?」

だが、月日が無駄に経つばかりで、その片鱗すらも思い浮かばない。

土曜の丑の頃、ふと「やるべきこと」とは「やりたいことをやる」ということではないかと思った。

そして今日、

「やりたいことをやる」ということからエスカレートして、「やるべきこと」とは「やりたいことをすべてやる」ということではないかと思い至った。

「一人でやれること」などをじめじめ考えるのではなく、「やりたいことをすべてやる」という環境を整え、すぐに実行に移すのが僕の「最もやるべきこと」なのではないかと考えた。

で、ブログを更新する気になった。






posted by 映画プロデューサー at 22:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

新宿バルトで映画『告白』(監督:中島哲也)を観てきた。

映画『告白』が大ヒットしているが、それが何故なのかがよく分からなかった。

2009年の本屋大賞だからとか、監督が中島哲也だからとか、主演が松たかこだからなどの理由で、また、それらを総合してみても大ヒットの理由にはならないと思われた。

だから今日、映画『告白』を観に行った。

「今」は逃げる。

だから「今」を捕らえるのは難しい。

映画『告白』は、そんな「今」をかろうじて(確実に)捕らえていた。

観客は移ろいやすく、捉えずらい、はかない「今」を観に行っているのだと思った。

隣の客の吐息に、エレベーター内での会話に、ネット上のコミュニケーションに・・・。

新宿バルトでははじめて映画を観たが、客席数の割にはスクリーンが大きく、じっくり鑑賞することが出来た。








posted by 映画プロデューサー at 21:12| Comment(13) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

夜中に眼が覚めて

12時過ぎに寝たのだが夜中に眼が覚めた。

時計を見たらちょうど3時半で、そのままワンセグでサッカーワールドカップ”日本対デンマーク戦”を見ることになった。

画面が小さいので選手の表情などは分からないが、ゲームの展開は分かる。

本田と遠藤のFKが続けて入ったときは、ワンセグのせいで(?)ウソじゃないかと思ったりしたが、後半になってデンマークがPKで点を入れた時点で、やっとリアル感をもてるようになった。

後でテレビの録画を見て、改めて本田と遠藤の美しいFKに驚き入った。

決勝トーナメントの相手はパラグアイで29日23時から行われる予定だが、それまで落ち着かない日々が続きそうだ。






posted by 映画プロデューサー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

時間があったら図書館へ

あっという間に1ヶ月が過ぎる。

ひたすら棺桶に向かって・・・か?

そんな感じもするが、まだまだという気持ちが強い。

時間があれば図書館に行って、思い切って大胆なこととは何か?と、そればかり考えている。

考えすぎて、自家中毒にかかるのではないかと思うほどだ。

だが、ワラをもつかむほどではない。

辛うじて沈まなくてすむほどの木片につかまって、何とかしのぎながら機会(チャンス)をうかがっているというところか。

思い切って大胆なこと・・・でなければ、寝てろという心境だ。

恒例の、まだ生きてますというブログでした。


追記
新物好きだからipadが欲しいが、しばらく様子を見てからでもいいやという気分であり、現在の状況でもある。
後一月、じっと我慢の子であろうかと思っている。













posted by 映画プロデューサー at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

身体の劣化が進んでいるが、精神状態はいい

このところ身体の劣化が進んでいる。

特に首から上が。

あえて老化とは言うまい。

単に飲みすぎなだけかもしれないからだ。

1、眼がかすみ痛く、日に何度も目薬をさしている。

2、長年に渡って耳をかきすぎたせいか、耳の奥がいつも鳴りっぱなしだ。

3、奥歯が抜けているので、歯が食いしばれず、声の音が抜ける。

4、眼と歯のせいか、顔面(左サイド)がこわばる。

4は、飲みすぎの可能性が高いが、今、もっともいやな症状だ。

でも、精神状態は悪くない。

気分はいい。

今日は漬物の三五八漬けのもとはないかと思ってスーパーバリューに行ったら、なんとあった。

一袋とナスとキュウリを買って帰り、早速漬物を漬けた。

昨日池袋で後輩のIプロデューサーと久しぶりに会って言ったことだが、言いたいことを的確な言葉で表現できたので、きっと気分がいいのだと思う。

それはこんな言葉だった。

”おぞましく、反吐が出そうな脚本”

といったって何のことだか分からないと思うが、そう表現すると元気が出て、漬物でも漬けようかという気分になったのだ。

まあ、天気も爽やかでよかったが。




posted by 映画プロデューサー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

スーパーと自販機

普段、自販機でもスーパーでも缶コーヒーや清涼飲料水の類を買い求めることはないが、今日は浜田山のSEIYUで88円の缶コーヒーを買って飲んだ。

キャップをあけて飲みながらSEIYUの生鮮食品売り場を見物して表に出ると、すぐそばに自販機があり、今飲んでいる缶コーヒーが140円で販売されていた。

その価格差、なんと52円だ。

こんなに価格差があると自販機の未来はないと思うのだが、実際はどうなんだろうか?

ただ、スーパーと自販機の飲み物を比べてみたわけではないが、ごく少ない経験の上でいうと、自販機の飲み物はスーパーに比べてより冷たくより熱いという記憶がある。

真夏の暑い盛り、あるいは寒風吹きすさぶ真冬に、この差は大きい。

どうなんだろうか?

こんなに価格差があっては、自販機の売り上げは頭打ちだと思うのだが。

まあ、どうであろうが関係ないことだが。



posted by 映画プロデューサー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

正月、ゴールデンウィーク、お盆

稼ぎの少ないフリーランスにとって、連休はあまりありがたいことではない。

特に、正月、ゴールデンウィーク、お盆などの長期連休はつらいことが多い。

中でも大晦日の後の正月と月末と重なるゴールデンウィークは、毎年、越えるのに苦労する。

今年の正月は暮れの引越しでまさにタイトロープな年越しをしたが、ゴールデンウィークはブログに書けないことをやっていることもあって、比較的平穏に迎えることが出来たようだ。

静かに市井に潜って、という感じか・・・。

海底の砂に潜って眼だけを出したヒラメやカレイのように、水面から眼だけを出したカバやワニのように、獲物を狙うハンターのような気分でありたいのだが、今は、獲物のイメージがまったくないまま無為に潜んでいる気がしている。

まあ、ゴールデンウィーク中に何とか考えよう。


とりあえず、生存していますというメッセージでした。









posted by 映画プロデューサー at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

すねの傷

いわゆる”すねの傷”ではなく、最近、雨で足を滑らせてすねに傷を負った。

しばらく座り込むほど痛かったが、家に戻ってズボンをまくったら左足のすねに5センチほどの擦り傷があり、血がズボンにも滲んでおり、風呂上りに何か塗り薬でもと思って、「何か薬ない」とカミさんに言ったら、「そんなもん、放っとけば治るよ」と答えが返ってきた。

一瞬むっとしたが、すぐに「そうだな」と思った。

九州の田舎時代、海や山で何度もこの程度の怪我をしたことがあり、カミさんがバンドエイドや薬を用意してくれたことがあるが、「こんなもん放っておけば治るよ」と言ってワイルドに振舞っていたことを思い出したからだ。

僕は血を流すと元気になると思っている。

悪い血をヒルに吸い出してもらいたいと思うことさえある。

東京の都会生活ではちょっとした怪我にも敏感になる。

そこで思った。

ちょっぴりの出血(滲んだぐらい)だけど、このところの澱んだアクが排出されたのではないかと。

少し気分がいい。

だから、ブログを更新する気力が出たのだろう。

「男はたまに血を流さなければならない」

これまで何度も思ったことである。




posted by 映画プロデューサー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

桜が散った東京に雪が降る

もうすぐ5月だというのに、東京に雪が降った。

朝起きたら土砂降りのような雨が降っていたが、駐車場に止まっているクルマの屋根とフロントグラスにはシャーベット状の雪が残っており、昨夜未明から明け方にかけて雪が降ったことが分かった。

「寒いなあ」なんて思いながらコーヒーを飲んでいると、「ちっ、ちっ、ちっ」とすずめがさえずる鳴き声が聞こえて来た。

窓の方を見ると、外が明るくなっていて、天気が急速に回復しつつあった。

コーヒーを飲み終え、真冬の格好をして外に出ると、もう暖かく、空は青空になっていた。

屋根とフロントグラスに雪をのせた少なからぬクルマが環八を走っていた。

桜の花はまだ多少残っており、なんとなく楽しい光景だった。





posted by 映画プロデューサー at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪になるかもしれない

真冬並の寒さで、朝から冷たい雨が降っている。

天気予報によると、今夜から明け方にかけて雪になるかもしれないとのこと。

もし雪が降ると、4月では40年ぶりぐらいらしい。

40年前に雪が降ったとき、九州から出てきたばかりの僕ら(友人も)は、九州よりずいぶん北に位置する東京はこんなものだろうと思ったが、大いに喜んで雪見酒をやったことがあった。

というか、南国九州(福岡県はよく雪が降るのだが)育ちの僕は雪が大好きで、九州でも東京でも雪が降るたびに雪見酒の宴を開催し、あげくは、スキーも出来ないくせに『雪のコンチェルト』をつくったりした。

今夜も、台所の小窓から何度もタバコを吸いながら外を見る。

雨が降っている。

・・・雨が雪に変わる瞬間が特に好きなのだ。

過去、雨から雪に変わったことを何度か目撃・経験したことがあるが、
特に夕方の場合、いや昼間でも、嬉しくてみんなに連絡をして酒盛りをやったことがあった。

今は一人で酒盛りをするのもままならないが、雪が降るかもしれないというのは、ささやか以上の楽しみなのである。

外を見ると、まだ、雨が降り続けている。

雪が降らなくてもいい。

もう、十分楽しませてもらった。


posted by 映画プロデューサー at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

毛細血管が切れた左目は治ったけど

毛細血管が切れて3日間ばかり左目の白目は赤かったが、いつの間にか治っていた。

治らないのは脳だ。

どこかが切れてでもいるかのようで、ちっとも頭が回転しない。

ブログは書かないけど(書けないから)ノートには毎日何かを書きつけているが、「うむ!」という感じの文章には程遠い。

カミさんに言わせると「飲みすぎよ」ということらしいが、そうではないと思う。

もしかしたら老化かもしれない。

となれば修復不能だ。

こうなるとブログの更新なんて馬鹿らしくて、一行たりとも書く気にならない。

何にもしないのに疲れているのだ。

何にも仕事をしてないわけではないのだが・・・。

学ぶ気力はある。

昨日から今日にかけて、『広い宇宙に 地球人しか見当たらない 50の理由』(スティーブン・ウェッブ著 松浦俊輔訳 青土社刊)とか『イノベーターの条件』(P・F・ドラッカー著 上田惇生訳 ダイヤモンド社刊)とか『さらばアメリカ』(大前研一 小学館刊)とか読んでいるが、どこまで理解して読んでいるか分からない。

ただ言えることは、このところずっと啄木や山頭火の日記を読んでいて、きわめて面白いのだけど彼らと同調するように時代に対する閉塞感が高じていって、宇宙とか世界とかから自分を見つめなおそうとしたくなったのだと思う。

これらの書物をどこまで理解したかどうかは別にして、このブログを更新する気力は取り戻した。







posted by 映画プロデューサー at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

左目の毛細血管が切れて

春らしいいい天気だった。

だが、昨夜は少し飲みすぎて、朝起きてもアルコールが残っており、あまりいい気分ではなかった。

いつものようにコーヒー、トースト2枚、ゆで卵とゆでキャベツ、バナナの朝食を済まし、鏡に向かって歯を磨いていると左目の白目が真っ赤になっているのに気付いた。

何年か前に同じような症状で医者に行ったことがあって、また眼の毛細血管が切れたのだと思って驚くことはなかったが、外交的な気分をそいだ。

そんな時、今日の午後会う約束をしていたM氏から連絡があった。

「仕事がずれ込んで、できたら今日の約束をキャンセルしてほしい」と。

「ああ、いいですよ」と軽く答えたが、完全に人と会う気がしなくなった。

午前中はパソコンに向かい、午後は図書館に行って週刊誌や月刊誌など雑誌をまとめ読みをし、帰ってからは借りてきた本を読んで、今またパソコンに向かっている。

眼に悪いことばかりやっている。





posted by 映画プロデューサー at 23:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

免許証の更新で府中試験場

花冷えがする中、府中か鮫洲か迷ったが府中試験場に行って、免許証の更新をしてきた。

甲高い声を発する講師の2時間に及ぶ講習をおとなしく受けて、無事新しい免許証を手に入れることが出来た。

行きは”高井戸→吉祥寺→武蔵小金井→試験場”というコースで、帰りは”試験場→調布→明大前→高井戸”のコースを取った。

試験場から調布駅北口にいたるバスのコースは、野川公園、国立天文台、調布飛行場、味の素スタジアムなどがあって、なかなかよかった。

免許証の更新に4250円、交通費に1000円弱と少なからぬ出費だったから、せめて電車とバスの旅でも楽しもうと思ったのだった。



posted by 映画プロデューサー at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

神田川の桜が散り始めた

昨日から肌寒い。

今日はほぼ一日中雨が降り、神田川沿いの桜も満開を過ぎ、そろそろ散り始めたようだ。

「花見でもしようか」というお誘いもなく、絶好の花見日和もないまま。

今、映画などとは無関係なブログに書けない仕事をしているが、今日はM監督から連絡があり、S監督にはプライベートな用件でこちらから連絡をした。

数日前から、ネット上ではトルネードフィルムが倒産し、叶井社長が自己破産の準備をしているとかの噂が飛び交っていた。

確たる情報はつかんでいないが、映画業界は惨憺たる状況が続いていると思われる。

業界とは無縁の僕はさておいて、かつての仲間や後輩たちの動向を見ていると、低迷の一途と言わざるを得ない。

沈み行く泥舟にしがみついた哀れな人たちと突き放すほどには、僕も業界とは無縁ではない。

いや、違う。

僕が言う”哀れな人たち”からすら、”哀れな人”と思われているのが僕の立場だ。

僕は業界からすると今や単なる部外者でしかなく、泥舟からいち早く落伍した敗残者でしかなく、僕の言うことなすことは根本的に説得力を喪失していて、僕が業界と無縁ではないと思っているのは錯覚に過ぎない。

悪女の深情けのようなものだ。





posted by 映画プロデューサー at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

満開の夜桜に雨

東京の桜は満開だが、寒かったり、風が強かったり、雨が降ったり、花見にはあまり良くない天候が続いている。

カミさんと娘は花見もかねて横浜方面に遊びに行ったようだ。

僕は仕事。

今日は土曜日で花見には絶好の日和だったが、天気予報どおり日が暮れてから冷たい雨が降ってきて、仕事で花見にいけない人たちから「いい気味だわ」という声が上がったりしていた。

天気予報を無視して夜桜を楽しんでいる人たちの多くは、散々な目にあっただろうと思われる(実際、目撃したのだが)。

まあ、それはそれで花見における楽しみの一つかもしれない。

寒気が入り明日の夜も雨が降るらしいが、酒を飲みながらの花見なんかに縁のない僕には単なる他人事に過ぎず、ましてや「いい気味だ」なんて思う発想もあるはずがない。

毎日神田川沿いの桜を眼にしながら、雨の中の桜もいいもんだなと楽しんでいるのだから。







posted by 映画プロデューサー at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

高井戸駅のそばを流れる神田川の桜

今日は多少暖かい。

狛江から高井戸に引っ越して丸3ヶ月が過ぎて、その間のことを書き綴ったノートを4冊携えて区民センターの談話室に行ったら、神田川沿いの桜が七分咲きぐらいになっていた。

都心は満開だとテレビのニュースは報じていた。

ノートにはブログに書けないことが書いてあり、12月25日の引越し前後のことは分単位で書いたところもあり、読むのにたっぷり2時間を必要とした。

今日・明日のことがどうなるのか分からない時期で、クリスマスや年末年始とも重なってドラマティックであり、「人生って面白いよなあ」と思うと同時に改めて自分のいい加減さにあきれてしまった。

年が明けて、”思い切った、大胆なこと”をしたいと考え続けてきたが、そしてまだそれが何であるかを見つけてないと思っていたが、ノートを読みながらすでにもうその一歩を踏み出しているのではないかと思ったりした。








posted by 映画プロデューサー at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

躍動感がない社会で何をするのか

このところブログを更新していなかった。

書く気にならない。

書けば、カミさんからひどい言葉を浴びせかけられたとか、みんなに見限られたとか、代田6丁目あたりで道に迷ってパニクッたとか、映画業界やメディアに対する悪罵などになってしまう。

また、今経験していることごとについては、プライバシー保護の観点からしても書けないことばかりである。

本は割合読んでいるが、アフィリエイトもとっくにやめているので、紛らわしく本の紹介などしたくないから、それも書きたくない。

高校野球はまもなく準々決勝だし、プロ野球もいつの間にか始まってはいるが、もはやかつての盛り上がりは感じられない。

メジャーリーグ帰りの城島には多少関心を持っているが。

ワールドカップにおける日本代表には、悪いけど何の期待もない。

いや、本田選手には多少関心があるが、なんだか2・3日前に怪我をしたらしく、期待のしようもない状況になっているようだ。

政治はしばらく様子を見ているしかないと思っている。

参議院選挙に何かを期待することもない。

政治家に本気が感じられない。

きっと、国民はかつての小泉総理よりもっと本気な政治家を望んでいると思う。

それが独裁であろうがなかろうが。

幸か不幸か、今のところそんな覇気のある政治家はいない。

時代は閉塞している。

時代の閉塞感は眼に見えないだけに、想像以上に深刻な事態になっているかもしれない。

狭い道路で車が離合するときのドライバーの目つき、横断歩道を必死で渡ろうとする障害者の切羽詰った動作、おびただしい数の高齢者たちの底意地の悪い言葉、小さな子供づれの若い母親のぞんざいな振る舞い、
若者や子供たちに共通するあやうい狂気・・・などなど。

整理しないと、とても書けない。

というわけで、躍動感がない社会で何をするのかを日々考えている。







posted by 映画プロデューサー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

I君、生存していますよ!

今日は冷たい雨が降って寒く、午前中は近くのU館に行ってお茶を飲みながら考えごとをしたが、温かい格好をしてほぼ一日中部屋でごろごろしていた。

U館から戻ってPCのメールを見たら、M市のI君から心配の連絡が入っていた。

このブログの更新が途切れているから体調でも悪いのかと思ってメールをしたと書いてあったので、かったるいメールではなくすぐに電話をした。

くどくど説明をするのにはメールは向かないと思う。

メールを書くのに10分はかかることでも、電話では1分もかからないことがある。

だが、今やケータイが普通の通信手段となっており、電話は不便な機器となっている。

今はやんごとない事情でケータイがつながらないから、I君はPCでメールをしてきたのだが、ケータイなどないならないでたいして日常生活に困ることはない。

多少便利は悪く、まったく仕事にはならないが。

それでも、ケータイなどなくても生きていける仕事はある。

それをやればいい。

何を言ってるのだか・・・。

まあ、元気だ(生きている)ということが伝わればいいこともある。

とりあえず余計な心配をかけないように、ブログの更新だけは続けようと思った。







posted by 映画プロデューサー at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

年に1・2回ぐらい寝ぼけることがある

昨夜、久しぶりに寝ぼけてしまった。

夜中に眼が覚めてトイレに行こうとしたのだと思うが、トイレの方角を見失って部屋の中をうろうろしていたら、「あなた何いしてるの?」とカミさんから声をかけられて、思わず「出前」と返事してしまった。

「馬鹿ね、トイレでしょ!」といわれて覚醒したが、暗い部屋の中でトイレの方向を見定めるのに数秒を要した。

トイレから戻って布団に入るとすぐに眠れた。

多少疲れていたのだろう。

カミさんに言わせると「飲みすぎよ」だが、確かに疲れているのだった。




posted by 映画プロデューサー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

タバコを吸ってクラクラする

朝のタバコの一服は格別である。

だいたい椅子に座ってじっくりと吸う。

いわば7・8時間ぶりの一服で、タバコを味わう感じで吸うのが日課になっている。

今は平均1時間に1本の割合でタバコを吸うが、昨日は10時間の間に2本しか吸わなかった。

特に夕方の5時間ほどはまったく吸わないで、3本目に火をつけて歩きながら吸っていたら、頭がクラクラして倒れそうになった。

最初にタバコを吸ったときのような状態だった。

もしかしたら、疲れで倒れそうになったのかもしれないが。



posted by 映画プロデューサー at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。