2009年07月28日

民主党が発表したマニュフェストに勝負魂はあるか

今日の夕方、民主党がマニュフェストを発表した。

民主党マニュフェスト(PDF)

main01[1].jpg

さまざまな意見はあると思うが、政権与党になる可能性が高い民主党の勝負魂のようなものが感じられた。

自民党は31日で、”あと出しじゃんけん”ではないかという批判もある。

自民党は、マニュフェストなんか馬鹿らしくて出したくもないというのが本音ではないかと思う。

これまでも”公約”といってやってきたのだから。

口約束みたいにして。

国民は、民主党と自民党以外の他の政党のマニュフェストには関心がない。

マニュフェストはそれが実行可能ではなくてはならないからだ。

だから、民主党のマニュフェストですら、”政権交代”の可能性がある今回だから多少関心があるだけだ。


カヤックという会社が企業理念を夢がある楽しい概念として本まで出版したが、政治家や政党は、マニュフェストにこそ力を入れるべきなのだと思う。

マニュフェストに国民の夢と希望を持たせることができなくて何が政治家であり政党かであり、最も創造的な興奮を覚える仕事であるはずなのではないか。

やらされてるという顔が自民党に目立つ。

わかってない。

映画でいうとマニュフェストは企画書である。

企画書づくりが最も面白いのである。

ダイナミックで、美しくて、濃い、マニュフェストを作り、それを実行していってほしいと国民は望んでいると思う。

迎合的で、退屈で、うざい、軽いマニュフェストなんかいらないのだ。

そういう意味で、民主党のマニュフェストは悪くはないのではないかと思った。

とりあえず、財源のこと、工程のこともおさえてあるし。

ただ、公開初日に、全国津々浦々の映画館に観客をつめかけさせるという仕掛けはないと見た。




posted by 映画プロデューサー at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

バカタロー解散の麻呆(失礼、麻生)総理がまた失言とか

毎日マグマが活発化していると感じる。

そう願っているのかもしれないが、きわめて幼稚に、拙速に、あからさまに現実化しているように思える。

自民党の崩壊が現実化した。

誰にもとめられない。

そのリーダーが、国のリーダーでもある人が壊れている。

”2009総選挙”というカテゴリまで作ったわけだから、いくらアホらしいと思ったとしても、時の総理大臣の動向に触れないわけにはいかない


麻生首相、地方行脚初日から“失言”

記事から少し引用。

「元気のある高齢者をいかに使うか。この人たちは、働くことしか才能がない」。さらに「80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。60歳、80歳を過ぎての手習いは遅い。働ける才能をもっと使えば立派な納税者。彼らが納税者になれば、日本の社会保障は全く違ったものになる」と述べた。


発言のすべてを聞いたわけでもないし、発言の全文が掲載されているわけでもないから、まあこちらもいい加減な発言なのだが、”働くことしか才能がない”という言い方はないと思う。

”働くことしかノウがない”という言い方ならわかる。

よく漢字の読み方も知らないのに、あいも変わらず、露悪的で、もって回った、偉そうな言い方をしているということだろう。

で、自ら墓穴を掘っている。

論評のしようもない体たらく。




知り合いだけにつらい。

恥ずかしい。

喧嘩が弱いのに、バックが強いからということでリーダー的な役割を与えられて、2・3番手だったら何とかやりおおせたのにトップになってしまい、かつて日本国では有り得なかったような茶番劇を繰り返している。

まわりも喧嘩が弱そうな連中ばかりだ。

いや、喧嘩なんかできない連中だと思う。

きっと、想像を絶した革命的なことが起こっているのだと思う。

政治だけでなく。

決して、悪いことではない。

もしかしたら、名実共に日本が世界をリードするようなことが始まっているのかもしれないとさえ思う。

世襲とか既得権とか格差とかがキーワードになるだろう。

posted by 映画プロデューサー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世襲候補「握手無視」釈明になってないと思うが

ヤフートピックスにこんな記事があった。

小泉進次郎氏、「握手無視」動画を初めて釈明
7月26日14時47分配信 産経新聞


読んでみたが釈明にはなってなくて、むしろ、また反発を買うような内容ではないかと思った。

で、2チャンネルを覗いてみたら、やはりおおむねそうだった。

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1248596918/-100

若いのに、すでに「上から目線」で、典型的な世襲候補と見た。

これまでは「好きになれない世襲候補」でしかなかったが、これで人から好かれる好青年では無いことが判明し、「こいつを落とせ」という見えざるエネルギーを引き起こしたような印象である。

まあ、地元選挙区の人の判断ではあるが、長い総選挙までの時間がこの人の場合マイナスに働くような気がする。



「何様だと思ってるんだ」という雰囲気がむんむんしていますね。


posted by 映画プロデューサー at 18:56| Comment(1) | TrackBack(5) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ユーチューブでの評判を記事にするだけのマスコミ(マスゴミ?)

新しいカテゴリ「2009総選挙」を作って総選挙を追うことにした。

今回の選挙から来年の参議院選挙(もしかしたら衆参同時選挙になる可能性もある)まで、政治(政局)から目が離せない事態が続くと予想される。

明治維新、敗戦につぐ大きな節目が来ていると考えている。

政治家だけでなく官僚、学者、経営者など誰も日本の未来のビジョンを示すことができず、その閉塞感を国民自らが一票によってぶち抜こうとするのが今度の総選挙だと思っている。

ユーチューブの民主党を批判する自民党のCMが評判になっていると報じているが、誰よりも官僚的だといわれるマスコミ(2チャンネルではマスゴミ)に本当のところはわかっていない。

民主批判アニメ、ユーチューブでアクセス殺到

上の記事には、著作権など権利関係の問題があるのかもしれないが、アクセスが殺到しているというユーチューブの映像そのものが無い。

リンクも無い。

これがそのユーチューブにアップしてある自民党のCMだと思うが。




茶化したような軽いつくりで、豊かな時代だったらそれなりに面白いと思われたかもしれないが、もうそんな時代ではないと考えるべきだ。

いっておくと、政治家、官僚、学者、経営者、マスコミなどに加えて広告代理店も時代が読めなくなっている代表選手である。

まだ総選挙の投開票日まで長い時間がありどうなっていくかわからないが、すべてのエスタブリッシュメントたちがまったく先を読めてないとは断言できる。

ということで、新しいカテゴリの最初の記事でした。

posted by 映画プロデューサー at 19:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。