2007年03月01日

『おふくろさん』をめぐる森進一と川内康範騒動、嘉穂劇場へ持ち越しか?


ご存知だとは思うが、歌手の森進一と作詞家の川内康範氏が『おふくろさん』をめぐってトラブっており、昨日のニュースでは、森進一が謝罪のために青森県の川内氏の自宅まで訪ねて行ったが会うことができなかったと報じていた。

kahogekijo-1[1].jpg
九州は福岡県飯塚市の嘉穂劇場

少し前にこの騒動を、年季が入った夫婦の痴話げんかだと記事に書いたが、今もそう思っている。

『おふくろさん』を歌う森進一に、作詞家の川内康範氏が激怒!

だから、ほとんど関心はないのだが、実はずっと気になり続けている。

3月11日から始まる森進一のステージ初日が僕の故郷の嘉穂劇場だということで、成り行き次第では、多くのマスコミが取材に押しかける可能性が大きいからだ。

それと、今になってもこのブログ記事へのトラフィックが多く、大事なお客様を無視できなくて、この記事を書いている次第である。

追記
この騒動は著作権の重要な問題を抱えていて、野次馬的ではなくしっかりと成り行きを見ておかなければならないのだが、結果的に夫婦の痴話げんかと同じような決着を見るしかないのではないかと思っている。


嘉穂劇場HP


posted by 映画プロデューサー at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

東京都知事選は、黒川紀章氏と石原慎太郎氏の一騎打ちになるのか?

誰か予想した人はいたのだろうか。

思いもかけない建築家・黒川紀章氏の東京都知事選出馬表明だった。
黒川紀章氏、都知事選に出馬意向 読売新聞

世界的建築家で文化功労者の黒川紀章氏(72)が21日、東京都知事選(3月22日告示、4月8日投開票)に、立候補する考えを明らかにした。


ただ、この記事を書いている時点では、朝日新聞と毎日新聞がこのニュースを報道しておらず、多少「?」という思いもないではないが、読売新聞と日本経済新聞がニュースで伝えているので、黒川氏の出馬声明があったということを前提に書いている。

でも、朝日と毎日はどうしたのだろう?

それにしても、知名度のある(若い人はどうかな?)黒川氏が都知事選挙に出ることはご本人の自由だが、石原都知事に極めて近い立場にある人だといわれるのに、一体どうしたことなのだろうか。

日刊ゲンダイだったと思う(違うかもしれない)が、”石原知事が建築家の安藤忠雄氏と一緒になって東京オリンピック承知を進めている”から、先の東京オリンピックを仕切った建築家・丹下健三氏の愛弟子である黒川氏は、それが面白くなくて都知事選出馬を決めた”なんて書いていたが、まさかそんな理由で出るわけないと思うが。

黒川氏の出馬の弁を拾ってみた。

「自分が立候補することで石原氏の引退の花道をつくってあげたい」
。「どの党からも推薦されれば受ける」
「当選した場合、1期4年のみ務め、任期中の知事報酬(月額158万5000円)は受け取らず、公用車や知事公館も使用しない。石原氏が肝いりで進める2016年夏季五輪の招致は中止し、任期中は自らの設計事務所が都の計画や設計を受注しない」
「タレント知事の乱立に歯止めをかける」
「都民と対話し、都民の声に耳を傾ける」
「側近政治は行わない」


黒川氏は、ほかにも「無給」や「15の公約」などを明らかにしたという。

民主党はここまで候補者を擁立することができず、今になっても管氏を押しているようだ。

党内では、黒川氏の出馬表明で「状況が変わった」という意見が出始めたり、石原氏が有利になるとの見方もあって相当困惑している様子だが、一体この事態をどうするつもりなのだろうか。

黒川氏には申し訳ないが、新鮮味がない。

70歳過ぎた小説家と建築家の一騎打ちになっても、ワクワク感がまったくない。

また、ここでも民主党が問われていると思う。

都民の期待にこたえる候補者を擁立できるのかどうか。

野次馬は期待しているが。
posted by 映画プロデューサー at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立花隆氏の「政権の命取りになるか 安倍首相の健康問題」発言

ブログを書き始めてわかったことは、自分が極めて野次馬的根性が強い人間だということだった。

どこかで火事があればすぐに走って行きたくなるところから、自分が相当な野次馬であることは以前から認識していたが、ネット上にはさまざまなゴシップや事件が散乱しており、あっちに行ったりこっちに行ったり、ここまでひどいとは思っていなかった。

で、『野次馬宣言』というカテゴリを作り、無責任な発言をしていくつもりだ。

「・・・」

ここまで書いて、『野次馬宣言』というカテゴリ名を『野次馬的無責任発言』と変更することにした。

最初の記事は、”立花隆氏の「政権の命取りになるか 安倍首相の健康問題」発言”という記事タイトルだ。

とても責任ある発言なんかできないと思ったからだ。


政権の命取りになるか 安倍首相の健康問題
朝日新聞の世論調査で、安倍内閣の支持率(37%)と不支持率(40%)がついに逆転した。

このところずっと支持率は低下する一方だったのだから、いずれこうなることはわかっていたといってよい。しかし、わかっていても、それが事実となってあらわれてくると、また話は別だ。安倍首相には、相当心理的にこたえる結果だろう。

心理的ストレスは腸を直撃する。もともと腸に弱みをかかえている安倍首相の腸は最近悪化する一方という。一説によると(週刊現代など)、安倍首相は紙オムツを常用せざるをえない状態(括約筋の機能低下で失禁のおさえがきかない状態)にまで追いこまれているらしい。


記事は長いので副題だけ掲載する。

首相の突然の病院入りは「国家の一大事」
安倍首相の隠せない“老い”
老化で決定的な要因は「遺伝子」
ステロイドを常用することによる副作用
若さと覇気を失った安倍政治

なかなかの記事だと思う。

立花隆氏は、テレビを見ただけで安部首相の厄介な病気を指摘し、ステロイド治療の副作用がその顔や首筋に現われており、短命の「遺伝子」を抱えていて、安倍首相の異常な“老化現象”が顔面の皮膚にとどまらず、精神面にまでおよんでいるのではないかと心配される、とまでいっている。

ある意味、相当無責任極まりない記事だと思うが、きわめて説得力のある記事でもある。

こんな記事について何かを書くとき、『野次馬的無責任発言』とでも新しいカテゴリを作ってでも書かないと、とても書けやしないと思いいたったのであった。
posted by 映画プロデューサー at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。