2007年03月17日

知的財産戦略本部とテレビ局が組んで?

日本経済新聞の記事を読んで、目先のことでなければいいがと思うと同時に、知的財産戦略本部とテレビ局が組んで、テレビ局に都合がいい制度になるのではないかと思った。

TV出演契約、2次利用を前提に・知財本部
 テレビ局が俳優やタレントらと結ぶ出演契約にインターネット配信など二次利用を前提にした条項を盛り込むことになった。コンテンツ産業振興を目指す政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)が音頭を取り、関係団体などが2007年度中にも基本ルールを作成。政府も著作権法改正など必要な制度整備に取り組む方針だ。

 放送局が放映するテレビ番組は通常、出演者や番組制作会社などの権利者から「放送の許諾」しか得ていない。出演契約自体もドラマの主役級以外は書面を交わしていないことが少なくないという。 (16:36)


この記事では情報があまりに少ない。

それで、知的財産戦略本部WEBサイトをさっそく見てみたが、まだこの記事に関する情報は見受けられなかった。

せめて、全世界マーケットに通用する制度にして欲しいが。

posted by 映画プロデューサー at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。