2007年03月07日

『おふくろさん』騒動、日本音楽著作権協会の判断

森進一と川内康範氏のバトルは続く。

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、『おふくろさん』(川内康範作詞、猪俣公章作曲)において、歌手森進一が冒頭にオリジナルにない歌詞を付け加えて歌っていたことに関して、同一性保持権(著作権法第20条1項)を侵害する恐れがあるとして、利用許諾ができない旨をホームページに掲載した。

「おふくろさん」のご利用について

2007.3.7
社団法人 日本音楽著作権協会
(JASRAC)
利用者各位

 「おふくろさん」(作詞:川内康範氏、作曲:猪俣公章氏)の歌詞の冒頭に保富庚午氏の作とされる歌詞を付加したバージョンについては、著作者である川内氏から意に反する改変に当たる旨の通知がなされており、同氏が有する同一性保持権(著作権法第20条1項)を侵害して作成されたものであるとの疑義が生じております。
 このため、改変されたバージョンをご利用になりますと、川内氏の有する同一性保持権の侵害その他の法的責任が生じるおそれがありますので、ご留意ください。また、あらかじめ、改変されたバージョンが利用されることが判明した場合には、利用許諾をできませんので、ご了承ください。
 なお、オリジナルバージョンの「おふくろさん」は、従来どおりご利用になれます。


森進一が前面謝罪の意向を示しているから、今となってはバトルというより、川内康範氏が一方的に攻め立てているという構図で、このまま推移していくと”いじめ”に発展していきそうな気配である。

ただ、森進一に対する同情及び共感の盛り上がりがなく、「まだ、やってんの」と半ばあきれられて、忘れ去られてしまう可能性もある。

一般の人たちが、カラオケで『おふくろさん』を歌う分には何の問題もないからだ。

それと、川内康範氏がジャスラックに届け出たとされる、『花と蝶』など30曲あまりの楽曲について触れられておらず、新たな発表もあるはずで、しばらくは年季の入った夫婦のような痴話げんかは続くだろう。


posted by 映画プロデューサー at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35427948

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。