2007年03月05日

川内康範氏がジャスラックに届け出、”森進一に全曲歌唱禁止”

『おふくろさん』騒動で、川内康範氏の森進一に対する詰めがなかなか凄い。

川内氏「卑しい心の森とは妥協できない」JASRACに歌唱差し止め訴え

歌手、森進一(59)が代表作「おふくろさん」のイントロ前に無断でせりふを足していた問題で、作詞家の川内康範氏(87)が4日までに、楽曲の著作権を管理するJASRAC(日本音楽著作権協会)に、森が川内氏の作品を歌唱できなくするよう訴えていたことが分かった。


個人的な感想として、この騒動を”年季の入った夫婦の痴話げんか”とこれまでに書いてきたが、いくつかのブログを読んで思った。

時間の経過とともに、森進一の軽率さを指摘する声から、川内氏が大人気ないとか老害だとか、揶揄する声が多くなってきたような気がする。

それは、森進一が『おふくろさん』を歌ったことによって、川内氏に多額の印税が入ってきたのだから、という理由に裏付けられているようだ。

だが、川内氏は『おふくろさん』を森進一に歌わせることによって、一流の歌手に育ててやったと思っているから、かみ合わない。

たとえば、この騒動を契機に(契機でなくともよいが)、誰か外国の歌手がこの楽曲を歌うことになり、世界的な大ヒットを飛ばしたとすると、森進一によって多額の印税が川内氏にもたらされたという論理は通用しなくなる。

森進一だからこれだけ売れたし有名になったといえるし、別の歌手だったらもっとワールドワイドに売れたかもしれないということを秘めているのが、著作権を有する優れたコンテンツというものである。

前代未聞の騒動だと思うが、予定調和でしょうもない和解に至るより、今の成り行きのほうが断然面白い展開になっている。
posted by 映画プロデューサー at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35247983

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。