2007年01月13日

朝日新聞で、文化庁の”現代日本文学の翻訳・普及事業”を知った

今日の朝日新聞で文化庁による日本文学の翻訳・普及事業という存在を知った。

年間3億円の予算だとのこと。

現代日本文学翻訳選定委員会において選ばれた作品は、英仏独露の4ヶ国語に翻訳され、その翻訳料の負担、海外出版社の紹介などを文化庁が支援するという。

その上で、4000部以上印刷し、2000部を文化庁が買い上げ、海外の日本関係の大学や研究所に寄贈するというプロジェクトだ。

文化庁のホームページには下記のように記載されている。


我が国の優れた文学作品等を外国語(英語,フランス語,ドイツ語,ロシア語)に翻訳して諸外国で出版することにより,我が国の文化を海外に発信するとともに,我が国の文化水準の一層の向上を図ることを目的としています。
平成14年度・平成15年度に翻訳する作品は,次の選定基準に基づき27作品が選ばれました。

1) 作品は明治以降のものとするが、戦後の作品に比重をおく。
2) 原則として小説とする。
3) 一作家につき一作品とし,できるだけ多くの作家を海外に紹介する事を優先する。
4) 国内外で一定の評価を受けていることまたは受けると見込まれている作品。

作品は次の現代日本文学翻訳作品選定委員により選定されました。

島田雅彦   作家 法政大学教授
田辺聖子   作家
Nathan, John 大学教授 日本文学研究者
平岩弓枝   作家
福田和也   文芸評論家 慶應義塾大学助教授



詳しくはこちらから
・ 第1回対象作品

・ 第2回対象作品


なかなかいい施策だと思うと同時に、もっと普通の人たちも取り込んだ選考がされたら、もっといいだろうなと思った。

posted by 映画プロデューサー at 19:31| Comment(0) | TrackBack(3) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・
Excerpt: 6巻で5巻の大失敗を回復出来た。登場人物をこの様に書けるのなら5巻を再度修正してファンに納得出来るようなハリーの像に直して再度読者に信を問うべき。1巻で驚き、2巻で期待以上、3巻も前回を上回り、4巻で..
Weblog: 評論のレビュー
Tracked: 2007-09-26 07:00

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
Excerpt:  「ザ・ゴール」で工場のマネジャーだったアレックスは10年の時を経てユニコ社多角化事業グループ担当の副社長に。しかし、ようやく経営が改善できてきた分野の異なる傘下3社を、売却するという決定が下される。..
Weblog: 評論のレビュー
Tracked: 2007-10-31 09:22

モモ (岩波少年文庫(127))
Excerpt: 現代人にとって「時間がない」が合言葉のよう。主人公、ももは現代人から時間を盗む泥棒と戦うというシュールな設定。子供なら小学校高学年から。抽象的な考え方、ファンタジー世界での緻密な描写は子供にとっては難..
Weblog: 評論のレビュー
Tracked: 2008-02-04 14:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。