2006年08月11日

でじゃの社長・棚橋淳一氏が書いた『IT屋』

春に一度読んでいたことがあったが、必要があってもう一度『IT屋』(棚橋淳一著 宣伝会議)を読み直した。

「技術力がもたらす、本島のメディア革命」と副題がついた『IT屋』は、オンデマンドテレビ『でじゃ』の開発者兼社長・棚橋氏が書かれた本で、なかなか面白い本だと思う。

「現在のオンデマンドテレビのサービスは、ほぼ例外なく、『パソコンがテレビになる』というイメージを打ち出していますが、それは完全な幻想である」とか、「放送と通信は融合しない」とかとても説得力がある。

氏が技術者として長い年月と大金を注いで開発してきた歴史もわかり、でじゃのサービスが優れていることもよく理解できる。

でも、コンテンツホルダーに利益が出るように配慮しているといわれてみても、映画製作者という立場からもう一度読み返したが、やっぱり、数字に組み込むことが出来ない。

ネットテレビであろうとオンデマンドテレビであろうと、コンテンツアグリゲーターである前に、一度自前の映画を自分で作るべきだと思う。

でないと、コンテンツホルダーを味方につけることは出来ないと思う。

posted by 映画プロデューサー at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 働く現場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを拝見させて頂きました。DNA社の棚橋社長が書かれました「IT屋」を、お読み頂きまして有難う御座います。弊社で、書籍のプロデュースをさせて頂きました。
松本さまが、「自前の映画を自分で作るべき」と、書かれていらっしゃいますが、この度、棚橋社長のプロデュースで、製作をされました。
タイトル:世界はときどき美しい
http://www.dnainc.co.jp/sekaihatokidoki.html
お目通し頂けましたら幸いです。
宜しくお願い致します。
Posted by たなぽん株式会社 佐川恭子 at 2007年10月31日 19:07
ずいぶん以前の記事にコメント有難うございます。

さっき、一応目を通しましたが、後日じっくり見てみます。

タイトル:世界はときどき美しい
http://www.dnainc.co.jp/sekaihatokidoki.html

出来たら、ちょっと佐川さんと連絡を取りたい気持ちもあります。

とりあえず、返事まで。

Posted by 松本廣 at 2007年10月31日 23:46
出来たら、ちょっと佐川さんと連絡を取りたい気持ちもあります。
 ↑
有難う御座います。

こちらのアドレスに、ご連絡をすれば、
宜しいでしょうか?
松本さまのHPに、ありました
 ↓
zvt03766@nifty.ne.jp

宜しくお願い致します。
Posted by たなぽん株式会社 佐川恭子 at 2007年11月08日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22236480

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。