2010年04月17日

桜が散った東京に雪が降る

もうすぐ5月だというのに、東京に雪が降った。

朝起きたら土砂降りのような雨が降っていたが、駐車場に止まっているクルマの屋根とフロントグラスにはシャーベット状の雪が残っており、昨夜未明から明け方にかけて雪が降ったことが分かった。

「寒いなあ」なんて思いながらコーヒーを飲んでいると、「ちっ、ちっ、ちっ」とすずめがさえずる鳴き声が聞こえて来た。

窓の方を見ると、外が明るくなっていて、天気が急速に回復しつつあった。

コーヒーを飲み終え、真冬の格好をして外に出ると、もう暖かく、空は青空になっていた。

屋根とフロントグラスに雪をのせた少なからぬクルマが環八を走っていた。

桜の花はまだ多少残っており、なんとなく楽しい光景だった。





posted by 映画プロデューサー at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。