2010年04月15日

毛細血管が切れた左目は治ったけど

毛細血管が切れて3日間ばかり左目の白目は赤かったが、いつの間にか治っていた。

治らないのは脳だ。

どこかが切れてでもいるかのようで、ちっとも頭が回転しない。

ブログは書かないけど(書けないから)ノートには毎日何かを書きつけているが、「うむ!」という感じの文章には程遠い。

カミさんに言わせると「飲みすぎよ」ということらしいが、そうではないと思う。

もしかしたら老化かもしれない。

となれば修復不能だ。

こうなるとブログの更新なんて馬鹿らしくて、一行たりとも書く気にならない。

何にもしないのに疲れているのだ。

何にも仕事をしてないわけではないのだが・・・。

学ぶ気力はある。

昨日から今日にかけて、『広い宇宙に 地球人しか見当たらない 50の理由』(スティーブン・ウェッブ著 松浦俊輔訳 青土社刊)とか『イノベーターの条件』(P・F・ドラッカー著 上田惇生訳 ダイヤモンド社刊)とか『さらばアメリカ』(大前研一 小学館刊)とか読んでいるが、どこまで理解して読んでいるか分からない。

ただ言えることは、このところずっと啄木や山頭火の日記を読んでいて、きわめて面白いのだけど彼らと同調するように時代に対する閉塞感が高じていって、宇宙とか世界とかから自分を見つめなおそうとしたくなったのだと思う。

これらの書物をどこまで理解したかどうかは別にして、このブログを更新する気力は取り戻した。







posted by 映画プロデューサー at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146634044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。