2010年03月03日

石川啄木の凄みに煽られて

最近のわが国関連の出来事や人に凄みを感じることがない。

政治も、経済も、ITも、文学も、音楽も、映画も、バンクーバー冬季オリンピックでも。

宮里藍の米ツアー開幕2連勝には凄みを感じないではないが、テレビ中継もなくよくわからない。

もちろん自分も例外ではない。

凄みどころか、見苦しいと思うことさえある。

このままで良いわけがない。

その点、数え年27歳で亡くなった石川啄木は凄みがある。

啄木に煽られながら、いまのところ毎日を送っている。



posted by 映画プロデューサー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。