2010年02月13日

天国のような談話室

20100213152110.jpg

昼に親子丼をつくり、食べてから高井戸の区民センターに行った。

冷えきった部屋と違って、よく暖房がきいた談話室はまるで天国だった。

まず、備え付けの新聞掛けから東京新聞(ここは東京新聞しかない)をとり、ちょっとくたびれた(失礼)立派なソファに座り、身体が暖まるのを感じながら紙面に眼を通した。

これといったニュースはなかった。

朝起きて、ネットで主なニュースはチェック済みだから、ずいぶん以前の新聞を見ているような気になった。

身体が暖まるとタバコを吸いたくなるが、喫煙所が外にあるのでしばらく我慢することにして、ケータイでこの記事を書いている。

談話室はほとんどが常連の高齢者で占められていて、大半が囲碁か将棋を楽しんでいる。
ほんの数人がテレビを観たり、本を読んだり、居眠りをしたりしている。

人生経験豊かな年寄りだから人間が出来ているとは限らない。

大きなだみ声を発してやたら親分風をふかす者がいて、「ウルサイなぁ、バカが」と思っていると、こともあろうにこの僕にガンを飛ばしてきたことがあった。

僕より十歳は上だと思うが、ろくでもない年寄りだ。

そのときは、「なんか、用ですか?」と正面から見返すと、急にバツが悪いような顔になら首をふって向こうに行ってしまったが、今日も時折だみ声をあげている。

顔見知りの常連に声をかけて、親分風をふかすのが彼の生き甲斐なのかもしれない。

今日は風邪でも引いたのか、マスクを顎の下につけているようだが、痛ましいことだ。

さあ、タバコでも吸いに行こう。
posted by 映画プロデューサー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141013750

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。