2009年12月24日

見限られた

タイミングの悪い人はいるものだ。

小さな自分の世界を持っている。

その人は、自分の世界を正しいと信じている。

僕の周辺に少なからず存在じ、時おり僕を困惑させる。

僕を見限るものがいる。

金も、能力も、力もないのに、僕を見限るなんてとても信じられないことだが、どうもそれは現実らしい。

それにしても、ナメられたもんだ。

彼らは何を夢見、何を実現しようとしているのだろうか。

それすらもない、それすらもわかっていない、ゾンビじゃなかろうに。

能力も力もないのに、人を見限るなんてとても信じられない。

もうこちらからは、一切連絡はしないことにしよう。
posted by 映画プロデューサー at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。