2009年11月28日

映画化出来ずに眠った企画

1年近くかけて書いたシナリオをはじめ、映画化出来てない企画が何本もハードディスクに眠っている。

これらにかけた労力と時間をお金に換算すると楽に家1軒ぐらいは建つはずで、本人にとってはとてももったいない話である。

企画は労力と時間ではないと思っているが、タイミングによって実現することもある。

以前、企画に取り掛かってから映画化できるまでに10年かかった作品があった。

湾岸戦争が始まった時で、主役候補の俳優の現地コマーシャル撮影が出来なくなり、急遽こちらの作品に出演できるようになって、めでたく成立したことがある。

経済的に大いに助かり、決してあきらめてはいけないと改めて思ったことだった。

そんな幸運を願うならば、いつも積極的に企画開発を続けていなくてはならない。

そんなことを思い出し、5年ほど前にシナリオまで書いた企画の企画書を直すことにした。

なんとなく時代のタイミングが合ってきたかなという気もするし、切羽詰った事情もあるしで、つい一昨日に『N』の企画書を書き上げた勢いを利用して、今日、丸一日いっぱい集中して企画意図だけを書き直した。

明日は、長すぎるストーリー部分をぐっとコンパクトに短くするつもりだ。

で、来週からは先の企画と一緒に企画開発に取り掛かる算段。

ついでだから、1年がかりで書いたもう一つの大作にも取り掛かかろうかと、今このブログを書きながら思った。

言い方は悪いが、長年の宿便を一気に吐き出す(ひり出すか?)つもりで。





posted by 映画プロデューサー at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。