2009年11月18日

幻冬舎社長、じら太りの見城徹氏のポカ

こんな記事が目に付いた。

毎日新聞記事から全文を引用。
横領:幻冬舎元局長を逮捕 9億円を着服か 警視庁
2009年11月18日 15時23分 更新:11月18日 20時48分

 中堅出版社「幻冬舎」(見城徹社長、東京都渋谷区)の預金口座から1500万円を着服したとして、警視庁捜査2課は18日、東京都目黒区中根2、同社元管理局長、竹本和博容疑者(44)=3月に懲戒解雇=を業務上横領容疑で逮捕した。容疑を認めているという。同課は、竹本容疑者が01年8月〜09年3月に約9億円を着服し、競馬に充てていたとみて捜査している。

 逮捕容疑は、経理担当だった今年1〜3月、自分で管理していた同社のキャッシュカードで9回にわたり、預金口座から現金計約1500万円を引き出し着服したとしている。発覚を免れるため、会計端末を操作して架空の売り上げを計上していたという。

 同課によると、竹本容疑者は9億円を元手に総額35億円を馬券につぎ込んだが、逮捕前の預金残高は1万円以下だったという。

 幻冬舎は、角川書店に勤務していた見城社長が93年に設立。03年にはジャスダックに上場した。出版不況のなか、「大河の一滴」(五木寛之著)などのミリオンセラーを数多く出版し注目されている。09年3月期の連結売上高は約116億円。【酒井祥宏】


以前、幻冬舎社長の見城氏が角川書店の社員時代に2・3度お会いしたことがあるが、挨拶を交わすぐらいで特別な会話をしたことはない。

幻冬舎を発足させて以来いい仕事をされているなと感心していたが、こんなポカ(失礼)もあるのだなと思ってちょっとした親近感を持った。

バリバリ仕事をする人が身内にだまされることは少なくない。

ちなみにタイトルにある”じら太り”とは、つかこうへい氏がエッセイの中で担当編集者だった見城氏を紹介するときの枕詞であり、見城氏と会うたびに「うまい表現だよなあ」と思って感心していた。






posted by 映画プロデューサー at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。