2009年11月10日

日記と創作ノート、そしてブログ

僕は子供の頃から日記を書くのが好きだった。

小遣い帳をつけるのもほんの一時こったことがあるが、子供だから小遣い自体が少なく、一日に一行あるかないかなのですぐに飽きてしまい、ほんの数日でやめてしまった。

日記は高校生の頃から断続的に書いてきた。

長期のサイクリング旅行したときなどは学級ノートに書いて公開した。

旅先でマスターベーションしているのを見つかったことなどを面白おかしく書いたので、女子生徒に大いに受けたこともあった。

その学級ノートが他のクラスの女子生徒に回って、回し読みされ、その何人かから交際の申し込みがあったほどだった。

味をしめたわけではないが、以来、学生時代はずっと断続的に日記を書きつづけ、大学ノートで20冊ほどが手元に残っている。

やはり高校生の頃、ドストエフスキーの『罪と罰』を読んで圧倒的な面白さに感動し、ドストエフスキー全集で他の作品をすべて読んでいるときに、創作ノートなるものがあることを知った。

これがまた面白かった。

そんな経験があったからだと思うが、インターネットの日記はもう10年以上書き続けているし、このブログも書き始めてから4・5年は経つ。

以前、種田山頭火のシナリオを書いたとき、彼の日記をすべて読んだことがある。

日記でありながら創作ノートの趣があり面白かったが、それに加えておびただしい量の書簡もあって、それらすべてをひっくるめて山頭火を見るとよりその魅力が伝わってくるのだった。

ブログの機能を利用すると、公開や非公開などを含めて、とてつもない面白いことが出来るかなと思い、この記事を書いている次第。

ただし、自分の死後のことまでを想定した自分だけのプロジェクトになり、現世での利益を得ることはまず難しいとも思う。

思いつきで書いたのでいつものようにまとまりがない記事だが、案外、きわめて現代的なテーマを秘めているかもしれない。

ここまで書いてきて、もしかしたらあわせ技で、新しいビジネスモデルを提案できる可能性だってあるかもしれない、なんて思った。



posted by 映画プロデューサー at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132564862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。