2009年10月30日

タバコ増税で暴動は起こるか?

このところタバコ増税の言葉が飛び交っている。

今日は非喫煙者の鳩山首相がタバコ増税について発言している。

たばこ増税「ありうべし」 鳩山首相
 鳩山由紀夫首相は30日、たばこ税について「増税という方向がありうべしかなと思う」と述べ、2010年度税制改正で増税を検討する方針を表明した。揮発油税などの暫定税率は来年度の廃止を明言。来年度の温暖化対策税(環境税)への衣替えに関しては「環境のために増税していいか、国民の理解を求めない限り難しい」と、否定的な考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

 たばこ税は現在1本当たり約8.7円。09年度の税収見込み額は約2.1兆円。首相は増税の理由について「私はたばこを吸わない。環境、人間の体の面からみてどうだ」と語った。

 政府首脳は同日夜、来年度からの暫定税率廃止について「制度設計や段取りが間に合うのか」と懸念を表明した。 (20:31)



現在でも1本当たり約8.7円(20本入り300円のタバコで174円)の税金を徴収しているのに、更に1本当たり10円を増税しようという魂胆らしい。

自公政権時には一箱1000円という案があった(幸いにも法案化されることなく見送られた)が、今回はタバコ増税は間違いなく行われるだろうという印象である。

僕はタバコ増税には断固反対の立場である。

低所得の喫煙者には大きな痛手となるから。

タバコの常習性は強く、禁断症状を伴う。

誤解を恐れずに言うと、タバコ代ほしさに強盗でもしかねないような中毒症状がある。

タバコの中毒症状を軽く見てはいけない。

タバコ一箱の値段が時給を超えるようなことになると、きっと社会は危険な常態になると思う。

暴動をはらんだような。

タバコが健康を害して医療費を増大させるというなら、いっそのことタバコを麻薬と同等の扱いにして、販売を全面的に禁止すればよい。

本当に暴動が起きるかもしれないが。

とりあえず、タバコ増税断固反対を唱えておこう。




posted by 映画プロデューサー at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
税収は減るが、たばこの販売及び喫煙を法令で禁止すればよい。
健康保険料などの負担が減る。吸殻のポイ捨てによる道路の不快な汚染などもなくなる。
たばこ税を上げても効果は限られるが、タバコ税を上げるのなら、税額は1箱2000円にすべし。
仮に民主党がたばこ農家やJTとかの関連業界とは癒着していないというなら、タバコ税を大幅に上げて証明すべき。
Posted by たばこを禁止せよ at 2009年10月31日 07:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。