2009年10月30日

マスメディアのプロ野球ドラフト会議の煽り方は気にくわない

今日は日本プロ野球のドラフト会議があった。

プロ野球への関心は年々薄れているがドラフト会議は気になる。

ドラフトで選ばれた選手がプロ野球で活躍して、力のある選手が将来メジャーリーグへ行くのが当たり前になった今、メジャーリーグベースボールが日常的に楽しめるようになった今、ドラフト会議で選ばれる選手からは目が離せない。

日本プロ野球に関する関心はずっと以前からチームではなく選手であったから、どのチームであれ選手個人には今も注目している。

それでも、ダルビッシュや田中にはとりわけ注目しているが、ペナントレースの試合をテレビなどで見ることはない。

ネットで見るだけ。

今日のドラフト会議の目玉だった菊池雄星投手が、6球団に指名されて西武に決まったが特に関心がない。

他にどんな選手がいるのかに関心があるのだが、メディアは菊池1色で他の選手の扱いはおざなりである。

菊池投手を10年に一度とか20年に一度の選手とメディアはやたら煽るが、そんな報道の仕方が気に食わない。

まあ、高校野球の試合もよく見てないのだから、えらそうなことを言うつもりはないのだが、なぜ菊池投手が江川や松坂に匹敵するのかわからない。

数年前にプロ野球選手としてデビューして活躍するダルビッシュや田中将大と比べて、とりわけ菊池選手が図抜けているようには思えないのだが、それは僕が無知なだけのことなのだろうかと思うのである。

それがメディアの商売だとはわかっていても、いかにも軽いのである。

だって、ダルビッシュはもしかしたら江川や松坂よりも凄いのではないかと思うし。

「数年ぶりの逸材」ですむ話ではないのだろうか。

もう、軽々しく煽るだけの報道はやめてほしいと願うだけ。

一般人は。

もし菊池投手がプロ野球で抜群の成績を上げることが出来るのなら、出来るだけ早くメジャーリーグにいけるようにしてほしいと思う。

それがマスメディアの役割ではないのか。



posted by 映画プロデューサー at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131538405

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。