2009年09月22日

悪く言えば、長期民主党独裁政権が始まった

民主党の独裁政権になる可能性がある。

対立軸が政党にはなく、これからは長期自民党政権に代わって民主党の長期政権が始まるのではなかろうか。

民主党 ⇔自民党

    ⇔公明党
    ⇔共産党
    ⇔みんなの党
    ⇔改革クラブ

社民党 ⇔
国民新党⇔

悪いけれど、自民党は限りなく小党化していって、十把一絡げの野党になると思う。

”真正保守”なんて概念がもう過去のものであり、自民党のアイデンティティは構築しようもない。

下記の区分けでもわかるように、これらの政党にはテーゼすらないから相対する敵すら存在しない。

    ⇔公明党
    ⇔共産党
    ⇔みんなの党
    ⇔改革クラブ

社民党 ⇔
国民新党⇔

民主党のよしあしは別にして、自民党以下すべての政党の考え方を内包している。

これをひっくり返すのは至難の業である。

まあ、これまで自民党の独裁政権で何とかやってこれたのだから、民主党政権に交代して長期になろうが、取り立ててどうこう言うことではない。

それはそれで、国民は正しい選択をしたのだと思う。

多少の混乱があったとしても、国民と国民が選択した政権とが一致協力して乗り切るに違いないから。


※昨夜の記事では共産党を書き忘れていたので追加。

   
posted by 映画プロデューサー at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128562005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。