2009年09月18日

自民党総裁選、世代間対決で若手が勝てば未来が

自民党総裁選挙に、谷垣氏に続いて河野氏が出馬することになったようだ。

世代間対決になる可能性がある。

谷垣氏が総裁戦に勝つようなことになれば自民党は消滅への道を歩むことになり、河野氏が勝てばかろうじて生き延びるかもしれない。

谷垣氏が勝った場合、河野氏たち若手グループがどうするかが問題である。

まず、僕のようなシロウトから見れば若手グループは離党して新党を作るべきだと思うが、その気概に欠けるから誰かが「幹事長」にでも起用されて再生をはかるということが考えられる。

国民は出来レースと見るし、来年の参議院選挙では勝てず、結果、若手幹事長グループに反発する別の若手たちが離党し、自民党は社民党のような存在になっていくだろう。

河野氏が勝った場合、党の執行部がすべて若返り、離党するエネルギーのない長老グループは若手たちの軍門に下り、再生への長い道のりを歩み始めるだろう。

自民党は世代交代を大胆にするしか道がないはずなのだが、まあ、知ったこっちゃない。

ただ、テレビなどメディアは、もう下野した自民党には関心がないようだ。

posted by 映画プロデューサー at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128283264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。