2009年09月16日

鳩山内閣発足でテレビの古臭さが鼻につく

今日は鳩山内閣発足に尽きる。

鳩山首相の用意されたペーパーを読まない会見も意気込みが感じられたし、野田氏が入閣していないことや多少ロートル気味の閣僚が多いのが気になったが、社民党や国民新党まで配慮したオールスター内閣をまあまあだと思った。

それにしても自民党はである。

もう、誰も自民党総裁選になんか関心がないのではなかろうか。

麻生総理の辞任会見は相変わらず潔くなかった。

また、総裁選候補の谷垣氏は、石破氏みたいにシニカルにあれとは言わないが、ニコニコ顔で切迫感に欠ける。

そして、まだ谷垣氏以外の若手総裁候補は出馬宣言をしていない。

以前にも書いたが、そもそも自民党の若手に気概がある人材がいない。

これは自民党の将来にとって致命的だ。

テレビの古臭さも鼻につく。

テレビが旧来の手法で民主党の140人以上の新人議員(数が多すぎて主に女性議員に絞って取り上げている)をかつての小泉チルドレンのように面白おかしく扱おうとするが、彼女らが以外にしっかりしていておちゃらけにすることができないでいる。

政治の退屈なルーティン化を拒否した有権者(視聴者)は、そんなテレビの戸惑い振りにすでに気づいていて、もはやKYと化したテレビに恥ずかしいとさえ思っているのではないだろうか。

民主党の人事はこれからが面白いはずなのだが、メディアの多くは「権力の二重構造」ばかりいいつのっている。

これまでの自民党政権では副大臣や政務官にまで注意をすることがなかった。

それとと比べて今回の民主党政権は、チームとして官僚組織と相対するといっているから、それぞれの閣僚がどのようなスタッフを組んでいくのかがきわめて興味深いのだが、国家戦略会議と行政刷新会議のメンバーが誰になるかも注目に値するのだが、その辺のことを報じるメディアは見当たらない。

(この記事を書いているとき、ワンセグで見ていた報道ステーションでは副大臣と政務官が重要だといっていた)

今日もテレビの情報バラエティ番組は、鳩山政権発足の一部始終を追いながら付け足しのように麻生内閣総辞職の模様も挟み込んで報道していた(酒井法子保釈関連の映像も突然入る)が、またこれからも一応は自民党総裁選を追うではあろうが、来週には鳩山首相の国連会議での演説やオバマ大統領をはじめとした外国首脳との会談などがあり、民主党のダイナミズムと比べて自民党の内部抗争がいかにちんけなものであるのかに気づき、おざなりの報道になっていくと想像される。

そして、テレビも酒井法子事件の終了と共に少しは変化するかもしれない。

今この時間、初の閣僚会議が行われているらしい。

今後しばらくは、鳩山内閣から目が離せない。




posted by 映画プロデューサー at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128205710

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。