2009年09月09日

コスプレ風俗ライターだったり、映画でヌードになろうがいいではないか

マスコミをマスゴミと言いたくなるようなときがある。

まあ、最近はマスゴミだらけと思っているが。

マスコミが何様だと思うこともしばしばである。

たとえばこんな記事。

「小沢ガールズ」次々驚愕の過去 民主党本部は困惑の様子

総選挙で福田元総理と接戦を演じて比例代表で復活当選した田中美絵子氏に関係する記事で、東京12区で当選した青木愛氏(44)が人気バンドのボーカルと学生時代に交際していたとも書いているが、コスプレ風俗ライターだったり映画でヌードになったぐらいが”驚愕の過去”なのだろうか?

僕には、”金玉”があるのかなと疑いたくなるような世襲のヘタレ議員などより、一般の人が経験していない類まれなる過去を持った”バイタリティあふれる女性議員”と思えるのだが、清廉潔白の経歴の持ち主のマスゴミの人たちには許せないことらしい。

まあ、商売ではあるのだろうが、いかにもつまらない。

自民党のネガティブキャンペーンと同じで、そんな程度で”驚愕”していると成長しつつある読者から見放されるだろう。

ゴシップでもいいから、ゴシップ記事のスキルを上げてほしいと読者は思っているはずだ。

ゴシップメディアだって新しい時代に即応してチェンジしなくちゃ。

時代をリードしたっていいのだから。


posted by 映画プロデューサー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。