2009年09月06日

自民党のネガティブキャンペーンは誰が始めたのか?

麻生総理は演説で民主党の批判ばかり繰り返していたが、ネットCMやチラシによる自民党のネガティブキャンペーンにはあきれはてた。

特にチラシは、ほんの最近まで衆議院議員300人を擁していた政権与党が作成したものとは信じられないようなひどいもので、もしかしたらどこかの野党が自民党を陥れるためのネガティブキャンペーンだったのではないかと思えるほどだった。

ずいぶん昔の田舎の首長選挙などで行われていた記憶があるが、今の世の中で、それも衆議院選挙で、政権与党の自民党によってこれだけ大々的に行われたネガティブキャンペーンは、いったい誰が始めたのだろうか?

当然、自民党の執行部が関係していることだろうが、いや、関係していなかったのではないかとすら思えるのだが、誰の差配で行われたのだろうか?

「それは執行部に決まっているじゃないか」といわれても、素直にうなずけないものがある。

それほど常軌を逸していると思うからだ。

「常軌を逸していたんだよ」ということであれば、常軌を逸した人たちばかりが残った自民党に再生の道はないはずだ。

選挙屋に丸投げしていたとしたら、もう終わっているのも同然だが。

ネガティブキャンペーンは今も自民党のサイトに詳しい。

http://www.jimin.jp/sen_syu45/hikaku/index.html

後学のためにこのサイトそのものを保存しておきたいほど、徹底したネガティブキャンペーンが張られていたことがわかる。






posted by 映画プロデューサー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

自民党ネガティブキャンペーン:注目集めて票集まらず・・・?(09総選挙)/酔芙蓉が咲きました。
Excerpt: 二日ほど出かけていて、帰ってきたら酔芙蓉が咲いている。 咲きはじめは純白で、 時間とともに花色が赤く変化するので、酔芙蓉。      植えてから6年目くらいで株も背丈を越え、花も大きい気がする。  ..
Weblog: みどりの一期一会
Tracked: 2009-09-08 13:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。