2009年08月29日

”国の借金860兆円”を作った責任者は?

こんな記事が目に付いた。

国の借金860兆円 6月末時点、最悪を更新

財務省の発表となっているが、記事を読んでいるとその借金は国民が税金で返済することになっているらしい。

国民の一人としてこんな借金をした覚えがないが、もしあるとしたら誰かにはめられたとしか言いようがない。

誰がはめたのか?

ここをはっきりさせないと政治はあってないようなものだ。


”国の借金860兆円”とは、そもそも誰が作ったのか?

僕か?

あなたか?

いったい誰だ?


誰でもいいが(よくないが)、誰か責任者はいるだろう?

これが今回の選挙戦でもはっきりしない。

政治家もマスコミもなんとなくスルーしているように見える。

この借金が今の日本を作るために、あるいは維持するために必要だったとするなら、そう堂々といえばよいのに誰も言わない。

すでに我々が生まれたときからあるような按配である。

言い方は悪いが、本来ならば血祭りにあげられるべきおびただしい数の責任者たちが、放置されたままになっているとしか思えないのだが。

単なる僕の無知か?





posted by 映画プロデューサー at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Xbox デッドライジング
Excerpt: Xbox デッドライジングの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「Xbox デッドライジング」へ!
Weblog: Xbox デッドライジング
Tracked: 2009-09-11 02:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。