2009年08月26日

竹中平蔵氏がちゃっかりとパソナ会長に就任

ヤフーニュースのこんな記事が目に入った。

竹中氏がパソナ会長に=小泉改革の旗振り役

以前(07年)からパソナの特別顧問だったらしいが、想像以上のチャッカリマンだなと思った。

不信感というか、言い知れぬ違和感を持ったが、凋落する自民党(政治)に未練はないという、あっけらかんとした行動は竹中氏らしい。

上記記事にいくつかのコメントがあり、なかなか面白いので記事ともども引用。

人材派遣大手のパソナグループは26日、小泉政権で経済財政担当相や総務相を歴任した竹中平蔵慶応大教授(58)が同日付で取締役会長に就任したと発表した。代表権は持たず任期は1年。
 竹中氏は海外展開を含む中長期的な成長戦略作りに関与するほか、新しい人材業のあり方について助言する役割を担うという。
 ただ、人材派遣業をめぐっては、衆院選後に政権が交代すれば、労働者派遣法が見直され規制強化への動きが避けられない情勢。今後、竹中氏が対外発信役を買って出る場面もありそうだ。
 竹中氏は2001年から06年まで小泉政権の閣僚として構造改革を主導した。07年からはパソナの特別顧問を務めていた。


●派遣地獄を作った張本人が、派遣社員の生き血を吸うなんて。

●結局竹中さんは
人間をモノとしてしか
見てないんだろうな。
経済政策に思いやりが
まったくなかった。

マーケットを活性化するだけが
政治じゃない。

●官僚の天下りの100倍悪辣だな。

●笑わせてくれるニュースだな〜竹中さんが
人材派遣会社の取締役に?

海外から安いコストの派遣社員でも連れてきて
日本の雇用情勢をさらに悪化させるつもり
なんでしょうかネ〜??

●小泉退陣と同時に政治の世界から身を引いた竹中の判断はすごいなw
今の自民党をみているとよけいにそう思うw



以上のコメントは、思っていてもなかなか書けないことだ。

それにしても竹中氏の鮮やかな身の処し方には恐れ入ると同時に、学ぶべきところがあるのではないかと思うが、とてもまねができるものではない。

ただ、総理大臣までやった政治家が他に転進することもなく、見苦しく政界に居座り続けようとする見苦しさより数倍いいと思う。


posted by 映画プロデューサー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。