2009年08月24日

麻生総理「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい」

ここにきてまた、麻生総理大臣の発言が2チャンネルなどで話題になっているようだ。

学生たちの集まりで、学生の「若者に結婚資金がなく、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との質問に対して、「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことはしない方がいい。 金がおれはない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」と答えたらしい。

不況下で就職難の若者たちを逆なでしたような受け答えに、会場が「シーン」と静まり返ったというような報道があるが、もう奇跡の巻き返しは完全になくなったといえる「最後っ屁」のような発言(言い方)だと思った。

民主党への支持が広がるなかで自公に焦燥感が募り、自民党幹部が「自民党への拒否反応が強く、聞く耳を持ってもらえない」と嘆いているという記事もあったが、すでに有権者の多くは自民党に対して「拒否感」を持っているのかもしれない。

今日の夕方、狛江駅前で見知らぬ男がひょいとよってきてパンフレットのようなものを渡そうとするので一瞬カチンときそうになったが、そのパンフレットは民主党鳩山代表の顔が印刷されたマニフェストでついもらってしまった(すでに自宅にあった)が、これが麻生総理の顔写真もない自民党のマニフェストだったら「シッ、シッ」と運動員を払いのけたかもしれない。

というか、まだ自民党のマニフェストが手元にない。

見てみたいと思うのだが。

内容もだけど、デザインやレイアウトなどが知りたいと思っている。

仕事柄、デザインやレイアウトの重要さを知っているから。

今回の選挙を自民党は戦略がないまま戦っている。

まるで赤裸で、むやみに竹やりを振るっているだけのように見える。

有権者に憐憫の情さえ抱かせることができなくなっている。

このままでは本当に、選挙とは有権者たちの公開集団リンチのことであるとなってしまいそうだ。


posted by 映画プロデューサー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。