2009年08月21日

有権者による公開集団リンチの様相を呈してきた総選挙

昨日、朝日新聞が衝撃的な衆院選序盤調査を発表した。

民主300議席うかがう勢い 朝日新聞、序盤情勢調査

そして今日、朝日新聞をしのぐ読売新聞と日本経済新聞の衆院選情勢調査が発表された。

凄まじいの一言。

民主300議席超す勢い…衆院選情勢調査(読売新聞)

民主、圧勝の勢い 300議席超が当選圏 衆院選情勢調査(日本経済新聞)

こんな情勢調査を受けて、産経新聞はこんな記事を配信している。

【09衆院選】自民、「民主躍進」報道相次ぎ激しく動揺 民主は引き締め躍起

この記事を読んでみても、自民党の大方の関係者は危機感あふれるコメントを発しているのに麻生総理だけは楽観的で、「世論調査はよく見る方でもないし、信用もしていないが、1カ月前と今では変わってきた感じがする。7月の東京都議選のときが底だった。聴衆の反応は悪くない。有権者は民主党のマニフェストを見て不安に思っていると思う」などちぐはぐで、自民党がいよいよ断末魔の様相を呈してきたようだ。

それに引き換え、民主党は「報道の数字は実感とかけ離れている」とした上で、岡田幹事長が「緩んでしまえば最後に逆転される。これから本当に厳しい戦いが始まる」との檄文(げきぶん)をファクスで送って慢心を戒めたり、小沢一郎代表代行が「にわかには信じがたい。そういう楽観的な見方はしていない。民主党が国民の心をどこまでつかむことができるかが最大の勝負だ」と党内を引き締める考えを示したなど、攻めの姿勢に揺るぎがない。

ただ、今日も麻生総理は民主党支持者の「日の丸」問題を批判し、鳩山幹事長が麻生総理を逆批判したらしいが、いわばネガティブキャンペーンを自ら先頭に立って張り続ける麻生氏の土俵に鳩山氏が軽はずみに乗るようなことがあると、終盤に至って思わぬ展開が待っているかもしれないと思った。

まあ、そんな展開にはならないだろうが。

でも、お坊ちゃま同士だから庶民が思いもよらないサプライズがまったくないとは言えない。

以前にはイメージとして捉えていたが、ここにきて、今回の総選挙が有権者による公開集団リンチとして現実味を帯びてきたという感想を持った。



posted by 映画プロデューサー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126196164

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。