2009年08月20日

清廉さも潔さのかけらもない古い政治家スタイルが嫌なのに

麻生総理をはじめ自民党幹部たちの民主党攻撃が目立つが、大勢は変わっていないようだ。

むしろ、より顕著になってきたとも見える。

今度の総選挙における朝日新聞の情勢調査と週刊文春の予測が同じような傾向を示している。


朝日新聞から一部を引用するが、ここへきて驚くべき数字だ。
民主300議席うかがう勢い 朝日新聞、序盤情勢調査

30日投開票の総選挙について、朝日新聞社は18、19の両日、全300小選挙区から統計的に選んだ150小選挙区の有権者を対象に電話調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて選挙戦序盤の情勢を探った。その結果、(1)民主は単独で過半数(241)を大きく超え、300議席台をうかがう勢い(2)自民は選挙前議席(300)の半数に届かず、それよりさらに大きく後退する可能性(3)比例区では、公明、共産はほぼ前回並み、社民はやや苦戦――などの情勢がわかった。


朝日新聞は明日の朝刊で詳しく報じるらしい。

週刊文春の予測も凄い。

週刊文春の目次から引用。
週刊文春最新号

民主291議席vs自民128議席
「民公連立」自民は来年参院選で消滅 宮川隆義

▼「途中で落っこちた奴は総理にするな」蘇る田中角栄の「金言」
▼自民党本部に吹き荒れる秘書、党職員「リストラ台風」
▼渡辺喜美「馬糞の川流れ」でバラバラに

「300選挙区」衆院選最終予測


2ちゃんねるでは、麻生総理が取り上げた民主党後援会の国旗切り裂き事件が仕切りと取り上げられているが、また麻生総理も行く先々でこの事件を繰り返し批判されているようだが、こんなことをあと10日あまりも続けていたら自民党は取り返しのつかない惨敗を喫すことになるのではないかと思う。

posted by 映画プロデューサー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126111219

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。