2009年07月29日

気になる中田横浜市長辞任と大前研一氏

横浜市の中田宏市長が市議会議長に辞職願を提出し、記者会見を行い、今度の衆議院選挙には出馬しないとのこと。

辞任の中田・横浜市長「国民会議に全力注ぐ」

テレビのニュースでも見たが、中田氏の狙いがよくわからない。

でも、すごく気になる。

今日の日経BPネットに大前研一氏の記事が更新された。

総選挙前に「みっともない」姿をさらす人々

自民党、経団連、全国知事会、民主党のことをくそみそに言っている。

僕もそうだと思うが、くそみそにけなしているだけで物足りない。

で、ふと思い出した。

評論家の佐高信氏が今週の週刊誌(どの週刊誌か覚えていない)で、中田氏出身の松下政経塾と大前氏が主催していた平成維新塾のことをどちらも”未熟塾”ではないかと書いていたが、決して批判的ではなく愛情豊かな(?)表現だったと思うが、ここが合同して動くと面白いことになるのだがなあと思った。

政治が劣化していて、危機的状況で、このままでいいのだろうかと憂慮しているから。

共産党が今日マニュフェストを発表して、志位書記長が”建設的な野党(共産党?)”を目指すみたいなことを言っていたが、すべての政党を含む政治が劣化していると痛感している。

戦後日本を総括して未来のビジョンを示すようなことが必要だと考えているが、すべての政治家が目先のことばかりを言っていて情けない。

許しがたいほど劣化している。

さて、どうするか。



posted by 映画プロデューサー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。