2009年07月26日

バカタロー解散の麻呆(失礼、麻生)総理がまた失言とか

毎日マグマが活発化していると感じる。

そう願っているのかもしれないが、きわめて幼稚に、拙速に、あからさまに現実化しているように思える。

自民党の崩壊が現実化した。

誰にもとめられない。

そのリーダーが、国のリーダーでもある人が壊れている。

”2009総選挙”というカテゴリまで作ったわけだから、いくらアホらしいと思ったとしても、時の総理大臣の動向に触れないわけにはいかない


麻生首相、地方行脚初日から“失言”

記事から少し引用。

「元気のある高齢者をいかに使うか。この人たちは、働くことしか才能がない」。さらに「80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。60歳、80歳を過ぎての手習いは遅い。働ける才能をもっと使えば立派な納税者。彼らが納税者になれば、日本の社会保障は全く違ったものになる」と述べた。


発言のすべてを聞いたわけでもないし、発言の全文が掲載されているわけでもないから、まあこちらもいい加減な発言なのだが、”働くことしか才能がない”という言い方はないと思う。

”働くことしかノウがない”という言い方ならわかる。

よく漢字の読み方も知らないのに、あいも変わらず、露悪的で、もって回った、偉そうな言い方をしているということだろう。

で、自ら墓穴を掘っている。

論評のしようもない体たらく。




知り合いだけにつらい。

恥ずかしい。

喧嘩が弱いのに、バックが強いからということでリーダー的な役割を与えられて、2・3番手だったら何とかやりおおせたのにトップになってしまい、かつて日本国では有り得なかったような茶番劇を繰り返している。

まわりも喧嘩が弱そうな連中ばかりだ。

いや、喧嘩なんかできない連中だと思う。

きっと、想像を絶した革命的なことが起こっているのだと思う。

政治だけでなく。

決して、悪いことではない。

もしかしたら、名実共に日本が世界をリードするようなことが始まっているのかもしれないとさえ思う。

世襲とか既得権とか格差とかがキーワードになるだろう。

posted by 映画プロデューサー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124327307

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。