2009年07月25日

一時間に100ミリという集中豪雨の凄さ

数日前から九州・山口あたりで結構凄い雨が降り、山口県では10人以上の死者が出るなど深刻な被害も出ているようだ。

以前、車を普通に走らせることができなくなるという雨量が一時間に30ミリと聞いたことがあるが、実際30ミリぐらいの土砂降りの雨になるとワイパーがきかなくなり、のろのろ運転をするしかないという経験を何度かしたことがある。

おそらく60ミリとか70ミリの雨と思えるが、まったく車を走らせることができず、道路わきに車を止めて待機したことも一度や二度ではない。

100ミリ以上の雨も体験したことがある。

屋根に滝が落ちているよううな感じだったが、屋根がつぶれそうな感じでもなく、いっぱい飲んで眠ることができた。

その朝、飯塚市に大災害をもたらした豪雨だったが、あまりの凄まじい雨に眠れなかったカミさんによると、僕と娘はぐうぐう眠っていたそうだ。

その日の日記を掲載。



朝7時過ぎに起きたら、カミさんがなにやらうるさい。

雷と激しい雨で午前4時ごろ目がさめたらしく、テレビによると福岡県は記録的な集中豪雨があったらしいと言う。

居間の窓を開けて、車の駐車場があるほうを見ると、タイヤが3分の1ほど浸かっている。

コーヒーを飲んですぐに遠賀川を見に行こうとしたら、家の前の道の低いところが冠水していたので、長靴を履いて外にでた。

遠賀川は警戒水位を超えているらしくなかなか迫力があり、周辺の道路はあちこちで冠水していて、Uターンをしながら全体像を捉えようとした。

実家が割合低いところにあるのでいってみたら、県道も冠水していて近づくことすら出来なかった。

お袋に携帯で電話をすると、「新聞を取りに行ったら、玄関の靴がぷかぷか浮いていてなにかと思った」と言った。

朝の天気予報では午前中に100ミリあまりの激しい雨が降るとのことだったが、幸いにも予想が外れて、遠賀川の決壊にはいたらなかった。

水がひいて、床下浸水したお袋の家に行って車の中の水をかき出し、大いに汗をかいた。



しかし、飯塚市は中心商店街が浸水し嘉穂劇場が壊滅的な被害を受けるなど甚大な被害があったが、集中的で、僕はその日魚釣りに行ったりしていた。

この日の日記の最後にこう書いている。



夜は、手嶋君を誘って若松一文字堤防にシーバスを釣りに行ったが、一度も何の当たりもなかった。



そして翌日の日記。


昨日、飯塚市内の野上プレジデントホテルで友人の手嶋君とお茶を飲みながら、集中豪雨の被害状況を推測していた。

のんびりとお茶を飲みながら、「市内中心街がひどいことになっているのではないか」と推測していたが、今朝になって新聞を見たら予想以上の被害が出ているようだったので、コーヒーを飲んですぐに車を市内に向けた。

嘉穂劇場、元野木書店、飯塚コスモスコモン、千鳥屋飯塚本店、郵便局、ミスタードン、東町商店街、ジャスコ周辺、川島、鯰田など、飯塚市中心街があちこちでひどい状況だった。

知らないとはいえ、昨夜魚釣りに行ったことは非国民的行為ではなかったかと思うほどの被害で、映画『すかぶら』の存在そのものを左右する事態であった。



まさに集中豪雨であった。


今日、北部九州では一時間当たり120ミリ降ったところもあるという。

テレビのニュースを見ながら、こんな雨は九州でしかないことかもしれないなあなんて思った。

カミさんに言わせると、「世界の終わり」を予感させるような雨だとのこと。


posted by 映画プロデューサー at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も「2003年・7・19水害」忘れません。
特に嘉穂劇場の姿には、心を痛めました。
宝くじ協会(だと思う)の補助金などで復旧工事が決まった時、
PCを見ながら祝杯をあげたのを思い出しました。

昨日も心配になり,おふくろに電話すると、
「うちは大丈夫たい、それよか、
あんたは地震か台風の時しか電話せんね」と
言われてしまった。

 確かに水害後は未だ帰省していないし、
嘉穂劇場の回り舞台の床下に、また潜って見たいし・・・
Posted by 浦田 at 2009年07月25日 23:36
死者がでたり、まだ那珂川のキャンプ場には130人が孤立したりしているようですが、天気図を見ると、集中豪雨の峠は超えたようですね。

Posted by 松本 at 2009年07月26日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。