2009年07月12日

都民の一人として東京都議会選挙を考えてみた

明日(書いているうちに日が変わってしまったが)は東京都議会議員選挙の投開票日である。

言い方は悪いが来るべき総選挙を控えて、その前哨戦としてだけの選挙の様相を呈しているが、都民の多くは結構楽しみにしているのではないかと思う。

今回と次の総選挙と2度にわたって楽しめるイベントだからだ。

それも、100年に一度の経済(?)危機の最中、この国の将来を決める最重要イベントであり、それに1票とはいいながらステークホルダーとして参加できる。

めったにあることではない。

それに、テレビや新聞だけでなくネットを含むすべてのメディアがこのイベントにたかる。

無料で参加して、その結果がどうなるかはわからない(それも楽しみ)が、解散とか麻生降ろしとかの政局が今度こそ待ったなしで動くだろうし、総選挙から新しい内閣の組閣までいくつものサプライズがあるだろうし、それらのすべてをテレビをはじめとするあらゆるメディアとともに、われわれは喰らい尽くすことができるのである。

ところで新聞によると、各党は明日の投票率を50%前後と予想しているらしい。

それでも高い投票率だとのこと。

ちなみに、1%で10万票ほどの違いがあるそうだ。

低い投票率での結果と高い投票率での結果とは根本的に異なると思う。

イベントは満員のお客さんがあってのことだ。

お客の入らないイベントは消滅するしかない。

選挙をイベントにたとえるのは違うという意見もあると思うが、僕はすべての選挙が最大のイベントだと考えている。

選挙がお客の入らないイベントとしてこれまで続いて来たとしたら、選挙民にとって不幸なことであり、どこかにそうなる理由があったのだと思う。

為政者がそうしてきたのだ。

政権与党も野党も、もちろん官僚も一緒くたになって。

おそらく、インターネットの出現があり、ブロードバンド化され、コモディティ化されたことによって、予想もつかないことが起こり始めているのだと思う。

もしそうだとすると、ある意味でこれからの未来は面白いといえる。


posted by 映画プロデューサー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。