2009年07月11日

すさまじい動画コンテンツ流通バブルが始まっている

歩いて1分のところにある図書館で”日経トレンディ8月号”を読んだ。

これから、すさまじい動画コンテンツ流通バブルが始まるという記事に思えた。

090711a.jpg

出版社コメント

■ケータイ&テレビ これが新常識 
 通信と放送の融合で、ハードもソフトも大激変!

・結局どっち? Android vs iPhone 3.0。実は基本機能に差 
・注目のケータイ動画、auとソフトバンクの予想外の弱点とは 
・テレビ局を目指すキャリアとゲーム会社。各陣営の勢力図を分析 
・使ってわかった! ネット対応テレビの機能はメーカーによって大違い 
・「アクトビラ」「ひかりTV」……テレビ向けVODはHD対応度で選ぶ 
・有料化も始める任天堂「Wiiの間」。“門外不出”の中身を解明 
・小さくなった「PSP go」。実はオンラインサービスの起爆剤?
・2011年、BSのチャンネル数が2倍に。有料番組の料金は変わる? 
・テレビを担う“キラータレント”になるまで——「嵐」インタビュー 


動画コンテンツを流通させるためのハード特集記事だが、読み応えがあるというか、読む前から満腹になるというか、それでいて読み終わると飢餓感が残るという構成になっている。

肝心のコンテンツがないからである。

この記事を読みながら”可処分時間”という言葉がちらついた。

「そんなにたくさんウィンドウがあっても見る時間がないよ」と怒鳴りたくなった。

そして、動画コンテンツ流通バブルが始まっていると思わざるを得なかった。

限られたパイを食い合うすさまじい構図だ。

日経トレンディを読んでよかった。



posted by 映画プロデューサー at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。