2009年07月03日

ひろゆき、夏野、三木谷、梅田、薬師寺

ときどきネット上で「おやっ」という記事があるが、今日はにぎやかだった。

ただ、内容が薄い。

誰にでも根本的なことではなく、ルーティンワークの一環となっていて、それを必要としたり関心がある人には役に立つことはあるかもしれないが、存在を揺るがすこともなく刺激的ではない。

まあ、しょっちゅう根本的なことを提示できる人間なんかいないだろうが、新しいエスタブリッシュメントが形成されつつあるのかもしれないと思った。

IT+PLUSから
ひろゆき&夏野コンビ+SFCの学生、三木谷社長に迫る (1/3)

3人の組み合わせはいい。

ただ、新しいことがない。

3人が何かを含んで会談をしているわけでもなく、その先には何もないという印象。

ひろゆき氏、GIGAZINEの楽天報道について三木谷社長を直撃

だからどうしたの? というレベル。

余談。

テレビでいうと、コマーシャルの間の会話か。


nikkeiBPnetから
梅田望夫氏の本
「英訳プロジェクト」リーダーに聞いた成功のツボ


梅田氏の実験だろう。

でも、ドメスティックな「将棋」という儲かりそうもない素材をもとに、新しい賛同者を得てグローバル展開しようとする姿勢はインターネット的であり、きわめて評価できる試みだと考えている。

ただ、梅田氏のみえみえのコンサルタント的実験だから、ネット上の評価は引くのではないかと思う。

梅田氏は、意外とみえみえにあざといのである。


そして、プロジェクトリーダーである薬師寺翔太氏には期待したいと思った。

「人数限定しないで最初から誰でもやってもいいよという風にしたら、たぶん完成しなかったと思う。どこまでクローズドでやって、どこからオープンかという見極めが大事。何でもかんでもオープンじゃダメ。オープンだと信頼関係は作れない。信頼関係を作るのはクローズドで、それをもとにオープンを作るのがコツじゃないでしょうか」


ネットを五感で捉えているから。


でもまあ、今日取り上げたこれくらいの記事は毎日ほしいものだが、残念なことにニュース自体が枯渇しつつあると思う。

”IT/インターネット”がますますコモディティ化しているのだろう。

プロとボランティアの境がなくなっている。



posted by 映画プロデューサー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット上から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122745402

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。