2009年07月02日

新しいお金の稼ぎ方

フリーランスの身だから、毎日、24時間、新しいお金の稼ぎ方を考えている。

時には、昨日のようにお試し仕事もする。

2009年07月01日
2時間でお試し仕事をリタイア


こんな記事も気になる。

広告業界これからどうやって稼ぐ?
今この時代は、日本のビジネス全体が(広告業界に限らず)新しいお金の稼ぎ方を模索しているのだろうと思います。



面白く読めるが、まだいいポジションにいる人の余裕の考え方で、現実はすでに”旧いお金の稼ぎ方”も崩壊していて、”新しいお金の稼ぎ方”なんて考えるどころの騒ぎではないというのが実態ではなかろうか。

僕みたいな暇人は除いて。

昔、学生だった僕がバイトで肉体労働をしていた頃、「時給」というシステムはなかった。

日給を時間割にして、時給を割り出していただけだった。

いや、まったくなかったわけではなかったが、時給制の報酬は2・3時間の仕事に限られていたと記憶している。

休憩とか、食事時間は仕事に組み入れられた必要欠くべからざる時間なのに、拘束された時間なのに報酬が派生しないシステムはおかしいと思う。

1時間あたりの時給が安くなってもいいから、休憩時間も食事時間も仕事の範疇に入れるべきだ。

時間に追いたてられるような仕事のシステムは人間を不幸にする。

まず、「時給廃止」が人々を幸せにするはずだ。

経験的に。

牧歌的なライフスタイルを取り戻さなければ、いくら新しいお金の稼ぎ方を考えたところで、人々は決して幸せにならないと断言できる。

幸せというより、まずお金というならば、僕のように毎日、24時間、新しいお金の稼ぎ方を考えれればいい。




posted by 映画プロデューサー at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット上から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

田原総一朗氏も「大絶賛!」したノウハウ本の著者川島和正の最新作「毎週3〜7時間ある事を行うだけで年収1000万円以上になれる、親戚にも言えるほどクリーンな稼ぎ方 〜100
Excerpt: 田原総一朗さんが「大絶賛」した本の著者で 全くのゼロから、年収1億円、著書37万...
Weblog: 厳選電子ブック
Tracked: 2009-07-17 16:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。