2009年05月31日

赤シソやキュウリなど夏野菜が育つ狛江の畑

今日で5月も終わり。

雨模様の日曜日になった。

まるで梅雨のような天候だが、雨が上がった隙を狙ってタバコを買いに出たとき、ケータイで下の写真を撮った。

<20090531120055.jpg

こんな街の中の畑が好きなのだ。

手前が赤シソ、その奥がキュウリの棚、そしてその向こうに見える小屋風の建物が直売所だ。

畑には他に数種類の夏野菜が植えてあるが、周囲に金網が張ってありよく確かめることができない。

きっとナスなんかもあると思うが。

下の写真は説明するまでもなくキュウリだ。

このキュウリは人差し指くらいの大きさがあったが、まだ花だけが咲いていたり、小指より小さいものが多かった。

20090531120237.jpg

これまでに、ここの直売所で買った野菜を思い出すと、大根、小松菜、春菊、白菜、カブ、ねぎ、にら、たまねぎ、サトイモおよび親イモ、やつ頭、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、サラダ菜、なすなどだが、とてもスーパーあたりでは手に入らないような新鮮さは魅力だ。

最近は立派な葉つき大根が100円で販売されており、大根おろし、味噌汁の具、煮物など用途は多いが極めつけは浅漬けだと思う。

葉っぱと実の取り合わせで、一回の食事当たり単価は20円ぐらいにしかならないし、見た目が美しく、ヘルシーで、3人家族でもたっぷりと食べられる。

これが贅沢だというものだと思いますが、いかがでしょうか?


posted by 映画プロデューサー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120579747

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。