2009年05月24日

悪意に満ちたキーワード満載の読売新聞記事の見出し

読売新聞の下記記事を見て呆れた。

特に見出しは駅売りのタブロイド紙よりひどい。

新聞社のリンク切れは早いので全文掲載する。


鳩山民主、「開かれた党」に立ちはだかる黒い目隠し扉
5月24日13時1分配信 読売新聞

20090524-00000330-yom-pol-view-000[1].jpg
拡大写真
黒いフィルムが張られた民主党役員室の扉

 民主党本部(東京・永田町)の役員室入り口のガラス扉に張られた目隠し用の「黒いフィルム」が、にわかに注目を集めている。

 鳩山代表が「開かれた党運営」の象徴としてはがすよう指示したが、保安上の理由などで実現していないからだ。

 役員室には鳩山氏のほか、小沢代表代行、菅代表代行、岡田幹事長らの個室があり、担当職員が常駐している。フィルムが扉の大半を覆うように張られたのは、小沢代表時代の2008年1月。前年秋に自民党との大連立騒動が持ち上がり、報道各社がガラス越しに役員室内を撮影したことなどが理由だった。その後、小沢氏の党運営が不透明だという批判が強まるにつれ、「黒フィルムは小沢体制の象徴だ」とやゆする声が出ていた。

 鳩山氏はこうした小沢氏の「負のイメージ」を払拭(ふっしょく)しようと、記者団のぶら下がり取材に毎日応じるなど、風通しの良さをアピールしている。フィルムも就任直後にはがすよう指示したが、「セキュリティーの問題がある」などと反対されている。党内では「小沢氏の影響力を排除できるかどうか、鳩山氏の指導力の試金石になるかもしれない」という見方も出始めている。 最終更新:5月24日13時1分



「鳩山民主、「開かれた党」に立ちはだかる黒い目隠し扉」に負けないように、こちらも「悪意に満ちたキーワード満載の読売新聞記事の見出し」なんてタイトルをつけたが、正直こんな記事は書きたくなかった。

衆議院選挙前で、政党同士が相手の揚げ足を取ったり、えげつなく相手のことをののしったりするのはありがちだが、タブロイド紙を超えてまるでどこかのお抱え新聞のような記事の見出しと内容だ。

「いや、こんな記事はしょっちゅうだよ」という声が聞こえてきそうだが、天下の読売新聞がこんなことでいいのだろうか。

今日のJキャストニュースが、”朝日新聞「ボーナス40%減」 業界に衝撃が走る”と報じ、この記事の中で「読売新聞も大幅減の方向で動き出した」と触れていたが、いかに落ち目の新聞とはいっても長年天下の公器を標榜してきただけに、見苦しい真似だけはやめて欲しいものだ。

それとも、僕の曲解だろうか。


posted by 映画プロデューサー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小沢氏民主党の代表時代の遺産!?
Excerpt: 東京都永田町にある民主党の本部の入り口に正面扉があります。 私もニュースで知ったのですが、入り口の扉には黒いフィルムが張られているそうです。少しなぞめいていますよね。。 こちらの黒いフィルムが張られた..
Weblog: 小沢代表辞任から民主党時期候補とは(政権交代はある
Tracked: 2009-05-25 00:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。