2006年01月15日

(七)現代に蘇る酒呑童子

この物語『酒呑童子』は、従来の単純な鬼退治的英雄物語を極力排除し、まったく新しい観点から酒呑童子をクローズアップして、先に上げたいくつかの興味ある問いに答え(あるいは期待に応え)ながら、現代にも通じる劇的状況を設定してドラマを再構築したものです。

また、新たに民俗学や文化人類学的な豊富な資料を取り入れる一方で、説話などに残る面白いエピソードはできるだけ残し、歴史の正史に残る事実は可能な限り踏まえるようにして、迫力ある面白い物語と同時に秘められた日本史を解き明かす歴史物語として一般に提供するものです。

物語は、絢爛たる王朝時代を舞台に、武士と貴族の権力闘争を背景に、鬼と呼ばれる酒呑童子とその仲間たちを主人公に、英雄と称される源頼光及び四天王を相手に、その両者が繰り広げる壮絶な戦いを中心に展開します。

そこに、魅力的な登場人物と多種多彩なエピソードが絡んできます。

美しい自然を背景に生きる素朴な人々が奏でる人間賛歌。

権謀術数を弄する摂政関白・藤原道長が操る酷薄な貴族政治。

賄賂だけで動く当時の警察・検非違使にあって、正義を全うしようとした下級武士の悲劇。

真言陀羅尼を唱え怪しげな術を使う陰陽師や修験者の暗躍など。

また、これらの物語を当時の都の風俗が美しくも妖しく彩ります。

咲き誇る貴族たちの華やかな文化、現代の企業にも似た武家社会、密教とシャーマニズム、怨霊と流言蜚語が飛び交う世相、夥しい死体が転がる街角、傀儡子や幻人が群れをなす河原、夜盗偸盗の類が跋扈する京の都・・・。

そして物語は、鬼と英雄の虚像と実像を次々と小気味よく暴いていきながら、秘められた歴史の真実にサスペンス溢れるタッチで迫りつつ、あるときは一大絵巻を見るようなスケールで、またあるときは地獄絵図を突きつけるようなおどろおどろしさで、圧倒的なクライマックスを迎えるという構成になっています。
posted by 映画プロデューサー at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒呑童子企画書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11746719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。