2006年01月15日

(二)酒呑童子の物語とは?

説話や謡曲で知られる酒呑童子の物語は、今からちょうど千年ほど前の平安時代が舞台で、摂政・関白藤原道長が他の貴族たちを排除して政治を支配し、その栄華の極みを誇る王朝文化もっとも華やかりし頃に書かれたものです。

酒呑童子の物語は、その出展によってそれぞれ人物・場所・背景などが多少異なってはいても、基本的に源頼光と四天王(渡辺綱・占部季武・碓井貞光・坂田金時など)が恐ろしい鬼である酒呑童子(あるいはその仲間)を相手に縦横無尽に活躍する姿が描かれ、そして終わりには討伐してしまうという英雄豪傑鐔がほとんどです。

それらの物語の中の酒呑童子は、『身の丈二丈あまりにして髪は赤く、さかさまに髪の間より角生いて、髯髭も眉も繁り合い、足手は熊のごとくにて」とか、女を掻っ攫い人肉を食らい酒を飲み悪行の限りを尽くして」というように、いかにも鬼らしい姿形をしていて討伐されてもしようがないようなものです。

まれには、幼い頃はなかなかの美童で山寺の童子(小坊主)になって修行に励み、人の心を持ったかなり魅力ある人物(?)に成長するという物語もありますが、すぐにあまたの坊主を殺すような乱暴狼藉を働くようになり、寺を追われ山中に徒党を組んで棲むようになって、結局は討伐されてしまうという結末を迎えてしまいます。
posted by 映画プロデューサー at 09:24| Comment(1) | TrackBack(2) | 酒呑童子企画書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます^^いつも楽しく拝見させていただいております。私も最近ブログを立ちあげたので、ちょっと変わったブログですが、時間がありましたら見てあげてください。笑
Posted by MOKK at 2006年01月15日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

森ちゃん日記
Excerpt: アメブロで新しくブログを作りました。前のブログを見ていてくれた人も今度からはこちらでよろしくお願いします。あ、初めて見てくれた人のために自己紹介をしておきます。
Weblog: 森近木ゆかりオフシャルブログ
Tracked: 2006-01-15 09:39

ぽん吉
Excerpt: はじめまして♪ぽん吉と言います。一応既婚です(汗女の子のメル友が欲しいです(´∀`)
Weblog: アメブロ掲示板
Tracked: 2006-01-15 09:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。