2006年01月14日

1、プロローグ

時は平安時代、藤原道長全盛のころ。

当時、若くして時の大権力者になった藤原道長に対抗するかのようにして、源氏を代表する武家の若き源頼光が、後に四天王と呼ばれる屈強の家来(渡辺綱、占部季武、碓井貞光、坂田金時)を従えて、殺戮と略奪を繰り返しながら次第に勢力を拡大していった。
posted by 映画プロデューサー at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒呑童子ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11685596

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。