2009年04月04日

中島聡さんとデビットリンチにIプロデューサー

この数ヶ月間、ずーと考えてばかりいる。

いいアイディアが浮かばず、かといってちまちました動きも出来なくて、苦しくてもだえ続けていた。



Life is beautifulで読んだのだが、映画監督のデビットリンチが創作を釣りにたとえて、「深いところにいる何かをつかまえに行ってこそ大きなビジネスになる」と言ったそうだが本当にそうだと思う。




どんなに考えてもいいアイディアが浮かばず、膨大な無駄な時間を費やすことがある。

何の実も結ばないまま数ヶ月も過ぎることだってある。

今がそんなときだったが、今日の夜、さっき風呂に入っていたら突然あるアイディアが浮かんできた。

新しいアイディアではなく、若いIプロデューサーが数年前から僕にすすめていたアイディアで、一蹴してきたがずっと発酵させていたともいえる。

娘の友達のAちゃんが泊まりに来て、写真学校に通うAちゃんが写真家になりたいとという話を食事をしながら聞き、このアイディアが突然浮上したのだと思う。

一杯飲んでいるし、多少疲れてもいるし、今夜はこのブログに書き付けるだけにするが、明日の日曜日は、丸々このアイディアを反芻する時間にあてて、自分なりのビジネスモデルを構築しようと思っている。



posted by 映画プロデューサー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く現場から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。