2009年03月30日

ウルトラライトプレーンに続いてパラグライダーが墜落事故

昨日の茨城でのウルトラライトプレーンに続いて、今日は北海道でパラグライダーが墜落事故を起こし、二人が亡くなったという。

とりあえず、お二人にお悔やみを申し上げます。


パラグライダー墜落、インストラクターら2人死亡…北海道
3月30日10時50分配信 読売新聞


 30日午前5時55分頃、北海道豊浦町大岸の大岸第1キャンプ場付近の海岸で、墜落したモーターパラグライダーの近くで男性が倒れているのが見つかった。

 約2時間後には近くの海岸で別の男性が見つかり、2人は搬送先の病院で死亡が確認された。道警伊達署で2人の身元確認を急いでいる。

 発表などによると、同日朝、2人の家族から「パラグライダーに出かけて帰ってこない」と110番通報があり、署員や室蘭海上保安本部などが海岸付近を捜索していた。2人はパラグライダーのインストラクターと生徒で、同署で事故の状況について調べている。


今日の深夜アップした記事のことがあり、偶然とはいえ二日続きの事故は少し気になる。

現在、僕らが計画している”赤とんぼ作戦”というプロジェクトは、ウルトラライトプレーンを作って実際に空を飛ぶという高校生たちを描いた、映画『スーパー・ハイスクール・ギャング』全国上映を成功に導くためのもので、スカイスポーツの事故はまさに気になるところなのです。

昨日も”赤とんぼ作戦”に影響はありませんかというコメントをいただいてわかりませんと答えておいたが、めったに起こらない事故が二日も続くと、「今度はテポドンじゃないか」なんて不謹慎にも思ってしまう。

事件や事故は間接的であっても、大きな影響を受けたときは、直接被害を受けたときと同じようにトラウマとして残るものです。

”赤とんぼ作戦”の企画書には書いてないが、東宝の試写室で映画『スーパー・ハイスクール・ギャング』のマスコミ試写をやる日に、函館でハイジャック事件が起こって(一時オーム真理教が起こしたかのように報じられた)マスコミ関係者が誰も来れなくなり、東京上映を凍結せざるを得ない状況に追い込まれたことがあった。

今回も、心臓が「ドキリ」としてしまった。

posted by 映画プロデューサー at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。