2009年03月29日

ウルトラライトプレーンが事故で二人が死亡

今日の午後、茨城県でウルトラライトプレーンの事故があり、二人の男性が死亡されたらしい。


今日、テレビのニュースで見ていたのだが忘れていて、前の記事へのコメントで思い出しこの記事を書いている。

まず、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りします。


超軽量機墜落>男性2人死亡 茨城・利根川河川敷
3月29日18時11分配信 毎日新聞



墜落した軽飛行機=茨城県五霞町で2009年3月29日午後5時38分、本社ヘリから山本晋撮影

 29日午後3時ごろ、茨城県五霞町川妻の利根川河川敷に超軽量動力機(マイクロライトプレーン)が墜落、搭乗者2人が心肺停止状態で病院へ運ばれ、間もなく死亡が確認された。県警境署が墜落原因を調べている。また、国土交通省運輸安全委員会は30日、事故調査官2人を現地へ派遣する。

 同署と茨城西南広域消防本部によると、死亡した2人のうち1人は東京都墨田区、自営業、押切厚由さん(50)で、もう1人は埼玉県越谷市の男性(64)とみられる。

 同機は2人乗りで、全長6メートル、両翼約10メートル。河川敷の草地に北から南へ向かって前部から墜落した。グライダーなどの小型機が発着する滑走路状の場所(延長約300メートル)から離陸した直後、旋回しながら数百メートル離れた場所に落ちたという目撃情報があるという。

 現場は東武日光線南栗橋駅(埼玉県栗橋町)の北東約2.7キロにある利根川右岸。近くでは、3年前にも超軽量動力機が利根川へ墜落し、男性1人が死亡している。【八田浩輔、宮本寛治】

 国土交通省航空局のホームページによると、超軽量動力機は燃料タンクの容量が30リットル以耐空証明や操縦者の技能証明は不要だが、離着陸場所などは航空法に基づく同省の許可が必要になる。




それにしても、高校生たちが一致協力してウルトラライトプレーンを作って実際に飛ぶという、映画『スーパー・ハイスクール・ギャング』全国上映を成功させるためのプロジェクト”赤とんぼ作戦”のホームページを立ち上げた日に、こんな事故が起きるとは予想もしていませんでした。

赤とんぼ作戦ホームページ


偶然といえば偶然、この事故が”赤とんぼ作戦”にどんな影響があるのか今のところまったくわかりません。


posted by 映画プロデューサー at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。