2009年03月24日

WBC(ワールドベースボールクラシック)を観ながら

『赤とんぼ作戦』の企画書を書きながら、時々ネットかテレビでWBCを観た。

ニッポン(サムライジャパンとは素直に言えない)が韓国に勝って優勝した今日は、やはり企画書をいじりながらではあるがテレビで観た。

WBCが始まる前から、韓国と最高(最悪)五度対戦する可能性があると言われていたのは知っていたが、実際そうなってしまい、なにか辟易するものがあった。

最終回にダルビッシュが打たれて同点延長戦になった時は、おぞましいと言ったら言い過ぎだと思うが、「いつまでやるのだ、この試合」と鬱陶しい気分になった。

10回表にイチローが勝ち越しの2点タイムリーヒットをセンター前に打ち、その裏に韓国が得点出来ずに試合は終わったが、さすがイチローだなあと感心するとともに、おぞましくも鬱陶しい時間にピリオドを打ってくれたことに感謝してしまった。

アメリカ人の多くがニッポンと韓国の決勝戦になったことに違和感を持っているとの報道を目にしたが、どんな違和感かよく分からないがその通りで、WBCは野球のアジア大会ではなかったのかという印象で長い大会を終了した。

ニッポンと韓国の選手は似すぎている。

顔も、体格も、野球も。

きっと、同国人同士の果てしなく続く戦いを見せられたような気分になり、辟易したのだと思う。

アメリカのためにゲームの組合せのシステムをいじるのではなく、アメリカ人のメジャーリーガーが本気になって取り組むようなWBCにならなければ、こっちも本気になって観戦は出来ない。
posted by 映画プロデューサー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。