2009年02月28日

モバゲータウンに登録したが


パケット代を心配しないでいいように、近所のドコモショップで携帯電話の料金プランを変更し、帰るや否や早速モバゲータウンに登録した。

プロフィールを正確に書き込んでしまったかもしれないが、まあ、今更しょうがない。

まったく、軽はずみなのだ。

で登録し終わって、まず自分のアバターを選ばないといけないことにたじろいた。

アバターが好きではなかったからだ。

言わばネット上のアバター文化が嫌いで、まったく認めていなかったのだ。

少し困ったけど、深く考えないで、ある清潔そうな若者を選んだ。
選ばないと、前に進まない(多分)。

選んだら、500G(?)とかのポイントが貰えて、アバターの衣装を選べとの指示。

わがアバターをよく見ると、パンツとシャツだけの下着姿だった。
490Gでセットできるらしいが、気に入ったのがなさそうだし、何よりも面倒なので、しばらくは下着姿のままでもいいだろうと勝手に思い、放りっぱなしにしてサイト内をうろついた。

しばらくもしない内に、次々とメールが入って来た。

「友達になりたい」メールだった。

ああ、厄介なことだと思った。

そこに、モバゲータウン事務局から別のメールが入って来た。

衣装合わせの続行を促している。

メールに書かれているURLをたどって衣装合わせを完了させるつもりだったが、よく分からなくて、150G使って背景だけ変えた。

そして疲れて、丸一日が経過した今も、疲れが回復せず、モバゲータウンには行ってない。

自分の分身であるアバターを、下着姿のまま放りっぱなしにしているのは気になるが。
posted by 映画プロデューサー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。