2010年05月31日

時間があったら図書館へ

あっという間に1ヶ月が過ぎる。

ひたすら棺桶に向かって・・・か?

そんな感じもするが、まだまだという気持ちが強い。

時間があれば図書館に行って、思い切って大胆なこととは何か?と、そればかり考えている。

考えすぎて、自家中毒にかかるのではないかと思うほどだ。

だが、ワラをもつかむほどではない。

辛うじて沈まなくてすむほどの木片につかまって、何とかしのぎながら機会(チャンス)をうかがっているというところか。

思い切って大胆なこと・・・でなければ、寝てろという心境だ。

恒例の、まだ生きてますというブログでした。


追記
新物好きだからipadが欲しいが、しばらく様子を見てからでもいいやという気分であり、現在の状況でもある。
後一月、じっと我慢の子であろうかと思っている。













posted by 映画プロデューサー at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

身体の劣化が進んでいるが、精神状態はいい

このところ身体の劣化が進んでいる。

特に首から上が。

あえて老化とは言うまい。

単に飲みすぎなだけかもしれないからだ。

1、眼がかすみ痛く、日に何度も目薬をさしている。

2、長年に渡って耳をかきすぎたせいか、耳の奥がいつも鳴りっぱなしだ。

3、奥歯が抜けているので、歯が食いしばれず、声の音が抜ける。

4、眼と歯のせいか、顔面(左サイド)がこわばる。

4は、飲みすぎの可能性が高いが、今、もっともいやな症状だ。

でも、精神状態は悪くない。

気分はいい。

今日は漬物の三五八漬けのもとはないかと思ってスーパーバリューに行ったら、なんとあった。

一袋とナスとキュウリを買って帰り、早速漬物を漬けた。

昨日池袋で後輩のIプロデューサーと久しぶりに会って言ったことだが、言いたいことを的確な言葉で表現できたので、きっと気分がいいのだと思う。

それはこんな言葉だった。

”おぞましく、反吐が出そうな脚本”

といったって何のことだか分からないと思うが、そう表現すると元気が出て、漬物でも漬けようかという気分になったのだ。

まあ、天気も爽やかでよかったが。




posted by 映画プロデューサー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

スーパーと自販機

普段、自販機でもスーパーでも缶コーヒーや清涼飲料水の類を買い求めることはないが、今日は浜田山のSEIYUで88円の缶コーヒーを買って飲んだ。

キャップをあけて飲みながらSEIYUの生鮮食品売り場を見物して表に出ると、すぐそばに自販機があり、今飲んでいる缶コーヒーが140円で販売されていた。

その価格差、なんと52円だ。

こんなに価格差があると自販機の未来はないと思うのだが、実際はどうなんだろうか?

ただ、スーパーと自販機の飲み物を比べてみたわけではないが、ごく少ない経験の上でいうと、自販機の飲み物はスーパーに比べてより冷たくより熱いという記憶がある。

真夏の暑い盛り、あるいは寒風吹きすさぶ真冬に、この差は大きい。

どうなんだろうか?

こんなに価格差があっては、自販機の売り上げは頭打ちだと思うのだが。

まあ、どうであろうが関係ないことだが。



posted by 映画プロデューサー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。