2010年03月03日

石川啄木の凄みに煽られて

最近のわが国関連の出来事や人に凄みを感じることがない。

政治も、経済も、ITも、文学も、音楽も、映画も、バンクーバー冬季オリンピックでも。

宮里藍の米ツアー開幕2連勝には凄みを感じないではないが、テレビ中継もなくよくわからない。

もちろん自分も例外ではない。

凄みどころか、見苦しいと思うことさえある。

このままで良いわけがない。

その点、数え年27歳で亡くなった石川啄木は凄みがある。

啄木に煽られながら、いまのところ毎日を送っている。



posted by 映画プロデューサー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画が描ける人

キンドルやipadの登場でネット上がざわざわしているような気がしていたが、池田信夫氏の記事「電子出版はすでに始まっている」や自著を全面公開している角川歴彦氏のサイトを見ると、風雲急を告げるという雰囲気すら感じられる。

今日、荻窪でI君と会い、そんな話をした。

劇場用映画やテレビ番組にこだわらず、もっと自由なコンテンツの製作を模索してきたが、やっとその時期が来たのではないかと思っている。

一人で出来ることは限られているが、二人とか三人になると格段にやれることが拡大する。

気が合う人との出会いが必要だ。

今は漫画が描ける人と出会いたい。





posted by 映画プロデューサー at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。