2010年02月14日

今現在日本で一番アブナイ界隈は?

久しぶりに日記を読み返した。

このブログに、僕のホームページのこのページからアクセスがあったからだ。

http://movie.geocities.jp/yjqkr783/sukabura/diary28.htm

で、自分の日記を読み返していて、この記事を見つけた。

昨日同様、検索エンジンを使って調べ物をしていたら、偶然見つけたサイトがあったので掲載しておきます。

今現在日本で一番アブナイ界隈は?

ついでだから、自分の日記も。

 2ちゃんねるの「今現在日本で一番アブナイ界隈は? 」で、東京、大阪のアブナイ界隈と張り合うように、筑豊、飯塚、田川、川崎などの名前が登場している。
 今でもアブナイ場所として全国区であることを知って、ちょっと驚くとともに、嬉しいような気分であった。



かつて、『筑豊原色図鑑』という本を作ったとき、いずれ日本は筑豊化すると行く先々で言っていたが、自分で驚くほどこの予言は当たっていた。

限られた地域の筑豊と違って多少広域の日本だから、今なおよく見えないだけのことである。

そして2チャンネルに感心した。

10年も前の記事が今もなお残っている。

意図的に、成算があって残しているのだろうが。



posted by 映画プロデューサー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畏れ多くもカミさんに口答えをした

我が家のことを、寒風吹きすさぶ荒海を走る一艘のぽんぽん船にたとえて、畏れ多くもカミさんに口答えをしてしまった。

ぽんぽん船はカミさんと娘の所有であり、僕は甲板の後ろの端っこあたりで振り落とされないようにがんばっている存在で、今にも所有者からいびり落とされようとしているのだと表現した。

そんな状況で口答えをするのは自殺行為みたいなものだが、成り行きでそうなってしまった。

もしかしたら、自分の船を見つけたからかもしれない。

浮輪か、救命ボートか、単なる錯覚かもしれないが、その状況から脱出する糸口を見つけたのは間違いない。

今日のお昼、カミさんがもらったお袋の形見分け(まだ存命であるが)の”淡水ペンダント”を見ながら、”大逆事件”のドキュメンタリーをつくろうと思った。

これを質入するには淡水パールをプラチナの台からはずす必要があり(
壊さないといけない)、とてもしのびがたく、目先の一人で出来る仕事として、こともあろうに”大逆事件”を手がけようと思ったのだ。

目先の仕事といっても、命を張るつもりでやらないといけないから、多少気持ちが高ぶってカミさんに口答えしたのだろう。

”大逆事件”を知らないといわれたこともあり。

カミさんは、知らなくていいのだろうか?

そういえば、少し前に若い○○君に”大逆事件”のことを話したら、「ああ、聞いたことがあります」と言ったことを思い出した。

娘には聞けない。

怖くて。



posted by 映画プロデューサー at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。