2010年01月10日

企画書を書くということ

いつも書かねばならないと思っているが筆が進まない。

キーボードを叩く指が?

書けないものはそれなりに(自分があずかり知らない)理由があり、いたし方がないと思っているので、そんなにあせりはない。

あるが。

企画の周辺をあてどなく散策していると、サボっているような気になる。

実際、サボっているのかもしれない。

今日はほんの30分ほど集中した。

これでは仕事にならないが、明日につながる。

と思う。

微妙なところだけど、もう、世間におもねるつもりがない。

行ったり来たり。

自分を追い込んでいるといえばそうだ。

こんな風にしかやれないし、これはこれで面白いのだ。

カミさんやなんかには理解してもらえないが。

明日は3時間以上は集中したいものである。

明日にならないとわからない。

自分の中に天邪鬼がいるから、コントロールは容易ではない。

無理だ。

そのとき次第である。

だからきっと、たまにお金になることもあるのだと思っている。




posted by 映画プロデューサー at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを削除した

PC環境が整って、まず最初にやったことは、コメントの削除だった。

誰が、何のために、こんなにもマメにコメントをつけるのか?

何かの利益を得るためだとすれば理解できるが、そのビジネスモデルが皆目分からない。
ケータイではコメントやトラックバックの削除はできない。

PC環境が整ってよかった。
posted by 映画プロデューサー at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

PC環境が整った

連休明けかと思っていたら、今日、ソフトバンクから通知が届き、ちょっと手間取ったがネットを開通することが出来た。

ADSLからひかりに変更して、少しだけ早いかなという感想だ。

契約上、ホームページも閉鎖しなくてよさそうだが、しばらく放りっぱなしにしておこう。

posted by 映画プロデューサー at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

親子丼と白菜の漬物

久しぶりに親子丼をつくって昼飯を食べたが、抜群の美味しさだった。

それに自分で浸けた白菜の漬物との取り合わせも最高だった。

満足、満足。

だが、食後のコーヒーは自重して、ポットの白湯をいただいた。

これはこれでいい。

何時までも親子丼の美味しさが体のなかに残っている。

親子丼のレシピ

鶏のむね肉
玉ねぎ
長ネギ

だし汁
醤油

ミリン

長ネギをたっぷりあしらい、煮すぎないのがコツ。
posted by 映画プロデューサー at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情けない体重、46.8キログラム

今日、風呂に入った後体重を計ったら、46.8キログラムだった。

体重減は精神的にこたえる。

言い方は悪いが、46,8キログラムは女子供の類に属する。

今すぐにも、鉛のウェイトを身に付けて、自分を保ちたいような心境だ。

筋肉がない。

食べればすぐに体重が増えるものではない。
寒い。

体脂肪などないから、人一倍寒がりになっている。

寒々しくて、懐に現なまがないより情けない。

コレステロールぎとぎとの食物を摂らねばならない。
posted by 映画プロデューサー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

PC環境が整わなくて

引越し、ADSLからひかりへの変更、年末年始が重なって、PC環境が整うのが遅れている。

ただ、ケータイ環境は万全だから、Webサイトの閲覧、PCメールでのやり取り、ブログの更新など、たいていの用は済ますことができる。

ケータイの不便はWebサイトの移動ができないことだ。

今日は、Nさんへの新年の挨拶、『筑豊原色図鑑』への問い合わせなどをこなした。
posted by 映画プロデューサー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

動物性蛋白を摂らねば

情けない体重になっている。。

昨日、体重を計ったら47,5キログラムしかなかった。


引越し前には49,5キログラムほどあり、あと2キログラムばかり増やしたいなと思っていたから、ちょっとショックだった。

これでは少し強い風が吹いたらふらついてしまう。

とりあえず、どうしようか?

カミさんに話したら、「ここにいたら痩せるわよ、みんなダイエットだから。それに何か食べたかったら、自分で買って来なくちゃね」と言われた。

そうだ。

「動物性蛋白」を摂るのがもっとも手っ取り早そうだが、マルがいる。

で、今日はマルの稼ぎ方を終日考える。
posted by 映画プロデューサー at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

NHK『龍馬伝』の番宣

昨日の夕方、NHK『龍馬伝』の番宣を観たが、夜になって肝心の番組は晩飯と重なり見逃した。

というか、放送直前の番宣に多少辟易していて、もう観なくてもいいような気分で、晩飯に集中したのだった。

爆笑問題の番組でも『龍馬』を扱っていたが、主役の福山雅治をスタジオに呼び長期にわたるメーキングビデオで構成された、正味丸一時間の番宣番組は民放以上にしつこかった。

番宣番組では、他のNHK番組のレギュラー出演者の茂木健一郎を引っ張り出して、「脳科学的に見た龍馬」などとやっていたが、爆笑問題から続けて観ていると僕でなくとも辟易するはずだ。

もし覚えていたら、今週の土曜日に再放送を見てみよう。
posted by 映画プロデューサー at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

鬼の居ぬ間に

連日寒い思いをしていた。

昨日と今日はカミさんも娘も出掛けていて(カミさんは仕事だが)、暖かいホットカーペットに寝転んで「箱根大学駅伝」を観た。

テレビなど観なくてもいいのだが、寒くて寒くて、鬼の居ぬ間に暖をとるだった。

これで、しつこい風邪もなおるかもしれない。
posted by 映画プロデューサー at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

彼女の修行

風呂の残り湯を利用して洗濯することは、彼女にとって修行なのかもしれない。

そう思うのは、「ちょっと手伝おうか」と声がかけにくい雰囲気がある。

風呂でバケツに残り湯を汲み、台所と居間を横切ってベランダの洗濯機まで運ぶ所作に、犯しがたい決まりのようなものが見てとれる。

「水を一滴もこぼさないぞ」という考えのもとに、汲み方、持ち方、運び方に一定の作法が編み出されているようだ。

すっくと立ち、両脇を固く閉めて、バケツを捧げ持つようにして運ぶ姿は、まるでカミに使える巫女だ。

彼女にとって、風呂の残り湯で洗濯をすることは、大いなる歓びなのかもしれない。

だから、「ちょっと手伝おうか」なんて、軽はずみに声をかけることができない。
posted by 映画プロデューサー at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

正月早々いびりが始まる

昼飯にインスタントラーメンを食べようかと思い、遠慮がちに口にしたら、モロにいびりが始まった。

「ラーメンなんか食べないで、餅でも食べたら」

では、雑煮でも作るかと思い、「食べる」と聞くと、

「いらない。仕事が休みの時は、一日に二食でいい。いや、一食でもいい」

これでは食べられないと、台所の前でたたずんでいると、

「言いたくないけど、電気代も払ってないし、いろいろ支払いがたまっているから、あたしたち食事をひかえているの」

そして、

「そこ退いて、片付けをするから」

台所から追っ払われてしまった。

なかなか楽しい。
posted by 映画プロデューサー at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

テレビの「ゆく年くる年」の除夜の鐘を聞き、午前0時を過ぎて、おサイフケータイの今月の使用限度額が10000円になったのを確認してから、近所のファミリーマートに行った。

赤いラークロングサイズを三箱とライターを買う。

「一年の計は元旦にあり」を少し大事にして、今年を乗りきっていこうと考えている。

思いきった、大胆なことを実行するつもりだ。

田舎のNさんからケータイに連絡があって、「大穴じゃなくて、小穴がいいですよ。小穴を当ててください」と言われたが、そうしようと思った。

で、穴を区分けしてみた。

大穴⇒生涯のポジションを獲得する。

中穴⇒企画が成立する。

小穴⇒日々の生活が成り立つ。


まあ、何でもいいから、まずポケットに現なまを! か?
posted by 映画プロデューサー at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。